2005年10月01日

VPはじめて物語

今日はVP(ビデオプロモーション)の撮影。
大手製菓メーカーの商品の宣伝ビデオで、店頭などで流れる予定。

場所は千葉の幼稚園
ディズニーキャラクターの絵が庭のいたるところに描かれていたり、
遊具が沢山あったり、園内すごく綺麗。
懐かしさもあったが、自分の時代では考えられないような素敵な幼稚園だった。


今回の役は、商品についてナビゲートするお兄さん(?)役。
園児役の4〜6歳の子役さん達、9人と共演。

はじめの挨拶時こそ照れていた子供たちも・・・・・

一瞬にして俺のことを



「ヒーロー」として・・・・・



いや、「マブダチ」として・・・・・





あ、いや、「珍しい人」として受け入れてくれた。






そうだね!お兄さん「珍人」だよね★(パッション屋良さん風に)



当然のごとく休憩時間は揉みくちゃだった。それも楽しかった。



そんなちびっ子達に凄まじいエネルギーを貰ったおかげで、
こっちはとてもスムーズに演技ができた。

実際、彼らと共演していない自分一人のシーンの方がNGやってもうた。おい。(泣)

また・・・・・やってもうた。(ガキ使のサップ風に)



みんな上手だった!びっくり!
商品を美味しそうに食べる顔とか最高!


つーか普通に俺よりキャリアが上だった子が多かったんじゃ・・・・・。(怖)


帰りに一緒の電車だった「夏未ちゃん」(6歳)もそう。
誰もが知ってる、超有名な舞台とか踏んでて度胸もあった。


本日共演したちびっ子は、みんな大物になるよ!

voice.jpg

次のナレーション録音に向け、帰ってからも負けじと猛特訓。

俺が君らの年頃の時には平気で鼻垂らしてたよ。
posted by 今井孝祐 at 22:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2005年10月02日

今夜から駄目ナリ!

今夜再び、連続ドラマ「駄目ナリ!」が帰って来るよ〜!

CS(その他スカパー等)で見れる
「チャンネルNECO」にて再放送がスタート!

★本日のタイムテーブル
23:00〜 第1話
0:00〜  第2話
1:00〜  第3話
(今日以降の詳しい時間は「チャンネルNECO」のHPで)


見てない方はもちろん!
ご覧になった方もおかわりして!

DVD持ってる方も!
DVD版とは違うバージョンもあるのでチェック!

また新しい「駄目ナリスト」が増えることを期待してます★


「チャンネルNECO」公式HPはコチラ↓
http://www.necoweb.com/neco/index.html


「チャンネルNECO」耳より情報(ブログ)↓
http://neco.boxerblog.com/necomimi/2005/09/post_057e.html


「駄目ナリ!」公式HP↓
http://www.damenari.com/

genichiro2.jpg

「孝式」9月21日の記事にも掲載した、
「駄目ナリ!」メイキングショットの続き。

もちろん!まだ見てない方の為にシーン解説はしません。



ただ、もの凄く “かゆかった” ・・・・・かいーの。



顔につけているモノの主な原材料は、
(でん粉のり、水のり等)と謎の白い粉
posted by 今井孝祐 at 19:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2005年10月03日

「らーめん専門店キングコング」

近頃、暑かったり寒かったりで、
季節の代わり目は身体のいたる所にくる

きまくりやがる。


さて、今日は涼しい日の部類でありまして、



「こんな日はラーメンがうまし!」



ええ、暑かろうが寒かろうが、
一年中こんな事ばっか言ってますよ私は・・・・・。

kong_001.jpg

中目黒「らーめん専門店キングコング」


おおっ!強そう★


メニューは豊富だが、
テレビ番組「どっちの料理ショー」などで紹介されたという、お店のエース
「味噌ヤンニンジャンらー麺」を迷わずチョイス。




ヤンニンジャン・・・・・・?







ヤン ・ ニン ・ ジャン・・・・・・?










チャン ・ リン ・ シャン♪


と、少しばかり雑念がよぎったのだが、「〜ジャン」という語感からして、
豆板醤、テンメンジャン、コチ醤みたいな「辛いやつ」の一種と理解。

それが北海道の田舎味噌にあわせてあるスープ。担々麺タイプ。
これまたランチサービスでライスが無料で付いてきた。

第一印象のルックスは辛いの?と思わせたが、
食べていくにつれて、スープの色が鮮明に。

kong_002.jpg

こんな風なRED

辛い。確かに辛い。けどこれ、苦しむような激辛ではない。コクがあるの。
味噌とコーンの甘みが辛さを緩和していて、ちょうどいい辛さ。

ちょいと細めのちぢれ麺にも合う。
これなら「辛いのがちょっと苦手」と言う人にもおすすめできる。




その店内で有線が流れていて、聴いたことのあるギターリフが・・・。

ドラマ「駄目ナリ!」のエンディングテーマである
「ASIAN KUNG−FU GENERATION」の曲「ループ&ループ」


けどちょっと感じが違う。つーか女性の声。


イギリスの
「INDUSTRIAL SALT」 という女性ユニットがカバーしたバージョン
「LOOP&LOOP(UNDER THE THUNDER)」 らしい。

歌詞は英語(歌詞も少し違うそう)で、曲もアレンジされていて、何より声がいい。
違和感無くスムーズに耳に入ってきた。

アジカンのはもちろん、コチラも是非聴いてみて欲しい。かっこいい。
posted by 今井孝祐 at 23:07 | Comment(1) | TrackBack(1) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2005年10月04日

SIX BULLETSも配信中

あたしゃ今日知りましたよ。


映画「SIX BULLETS」(全6話)


いろんな所で視聴出来るんです!出来ちゃうんです!そーなんです!(川平兄弟風に)

だって誰も教えてくれないんだもん。ううっ。(泣)知らなくってもしゃーねー・・・。




下記の配信先は、「インターネットをご利用している方」向けのサービスです。

@駄目ナリ!&シックスバレット配信中
★OCNの映像配信 「OCN Theater」 コチラ↓
http://www.ocn.ne.jp/theater/flets/list/ppv/index.html


@駄目ナリ!&シックスバレット配信中
★レンタルビデオ店「GEO」の自宅レンタル 「GEO@チャンネル」 コチラ↓
http://www.geo-ch.tv/lineup/archives/201509/s17_0509_lig_tv_jap/index.php


@駄目ナリ!のみ配信中
★レオパレスにお住まいの方々に配信 「LEO−NET」 コチラ↓
http://www.leo-net.jp/50on/4_1_2.html




この調子じゃ、まだまだ他にも配信してる所があるかもしれないな・・・。
見つけた方は是非お知らせください!!



演じた人間として、一人でも多くの人に見て欲しい!これ当たり前の心理です。

drive-p.jpg

「SIX BULLETS」で演じた「赤島俊作」

劇中で使用した小道具である彼の「運転免許証」。本物と見紛う出来栄えだ。
しかし、それを決して悪用してはいけない。 「ダメ、絶対!」






だって俺の写真だもん。
posted by 今井孝祐 at 20:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2005年10月05日

極楽汁麺「百麺」

今日、東京は朝から雨。
いやいや、思い出すね。雨が降るとさぁ。


「9月16日の記事」の一件をね・・・・・フッ。


あれ?軽いトラウマになってね?(笑)




そして雨といって思い出した事がもうひとつ。



「雨の日は替え玉無料!!」



公私に渡り大変お世話になっている、俺の良き兄者。
「演じ屋」髭田刑事でお馴染みの俳優「中村宏一郎」さんの序言だ。

というわけでここぞとばかりに仕事の合間、お誘いのTEL。即OK!

pmen.jpg

極楽汁麺「百麺」中目黒店 【パイめん】と読む。つか極楽って何よ・・・?

スープは、豚臭い、とんこつ醤油系ラーメン。「とろっと」いい感じ。
太麺、細麺選べるが、当然「細」で。そして「かため」更に「こってり」「濃いめ」


九州っ子の中村さん、九州っ子の両親から血を受けた俺。
かたい細麺。通称「ハリガネ」をバリバリ食べるのを好む。



というより何より、ただ長時間待っていられないタイプ
「ハリガネ」は上がりが早い。



結局、出身や血筋は全く関係ナッスィン!
ただ好きなだけやないかいっ!



中村さん、ライスと替え玉1個。(計2玉)
俺、替え玉2個。(計3玉)

替え玉無料なんて、よっぽど麺に自身があるのだろう。スルスル食べれた。食い過ぎ。

naka.jpg

その後・・・・・・・・・・





見事、二人揃って
「お腹を極楽へと連れていかれました。」
posted by 今井孝祐 at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2005年10月06日

国勢調査はマークシート

最近ポストに入っていたデッカイ封筒。
ずっと放りっぱなしだったのを開けてみる。

「国勢調査」
日本各地の人口や職業など・・・5年に一度行われる統計調査だ。
社会の教科書の資料などにも掲載されるデータになるみたい。
これでまた高齢化や少子化とか、くっきり浮き彫りになんるんだろう。

大変かなと思いきや、記入量は少なく大半がマークシート。
これなら簡単。よっしゃ書くか・・・・・。



危ね!!!



俺、ボールペンで書こうとしてた。
記入は「鉛筆」もしくは「シャープペン」で記入、となっている。

いけね、いけね。マークシートと言えば鉛筆ですわな。
鉛筆がペン立てに1本だけあったのでそっと手に取り、気を取り直し・・・

「マーキング!スタートゥ!」
名前は順調に記入。しかしその後
さっそくミスった。イージーミス。塗りミス。あははは。


消しゴムは・・・・・・あれ?

あわてて部屋中探しまくること数分。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・無い。




消しゴムが無い!ウチには消しゴムが1個も無かった!!
今では鉛筆も消しゴムもほとんど使わなくなったからなー。

えー、このミスの為だけに消しゴム買いに行くの・・・・・そんなん嫌っ。




しかしそこで、ふっと、ある事を思い出した。
そう・・・・・小学生の頃、使っていたあの技を。


「指消し」
古代から伝わる一子相伝の、まさに秘伝の奥義。
人差し指の腹を使い、狙いを定め、
強すぎず弱すぎず、高速のスピードで一心不乱に擦る。

という、なんともどーしょーもない技。まさに子供の発想万歳!!


消しゴムを失くした時や忘れた時によくやっていた。
これやったことある人いない?恥ずかしがらずに言っちゃえばいいじゃない!





およそ20年振りの奥義発動に鼓動は高鳴り、
そのブランクにいささか不安を抱えながら、間違った箇所にそっと指を乗せ・・・





一気に擦る!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






今日初めて知った。
当時は綺麗に消えていたと思っていた鉛筆のインクは、
ただ紙のそこら中に真っ黒くのびて広がっただけ
むしろ被害の面積は更に拡大していた。

ちびっ子は絶対に真似してはいけない。ちゃんと消しゴムを使おう。

kesi.jpg

結局その後もマークミスを連発。マーキングの下手さにガッカリ・・・。(泣)
しかも鉛筆は「2B」という濃さで。

皆さんはもう書いた?書くときは鉛筆と消しゴムのご用意をお忘れなく。
posted by 今井孝祐 at 23:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

2005年10月07日

半袖の男

あいあい、相変わらず季節の代わり目が続いとります。

暑いの?寒いの?

ハッキリしねぇがー、コラぁ!


やい気温!おい、てめこの気温めがぁ!


お前のせいで、お前のせいで・・・・・。




今日は朝からピーカンでして。イッツ・ファイン・ディ。

シャワー上がりも、いつもより暖かかったし。
バイトは屋外にさらされる事は無い、デスクワークだし。
朝夕の通勤電車に乗っている方ならおわかり頂けると思うが、
ギュギュッとすしづめ状態の車内は、結構暑い。

え〜、以上を踏まえた上で


「半袖シャツ1枚」で外出。


そしたら夕方・・・・風が吹きだし・・・
やがて雨がポツリポツリ・・・・・。



するとバイト先の皆さんから、こう問いかけられたの。




「今井君は、今日も半袖だね。
寒くないの?」


ひとつづつ整理しよう。

まず「今井君[は]
この[は]には、「今井だけ」という意味があり、
事実、社内で半袖は俺独り。


次に「今日[も]
この[も]には、「毎日いつも」の[も]であり、
事実この秋に長袖で外出したのはまだ1日だけ。


そして[寒くないの?]
この言葉の直前に実は、
[私たちは寒いんだけれど]
という一節が隠されている。



これマジな話。
「行きの電車の中ではなんと、
この時期に暖房が付いていたんです!
アホみたいに凄く暑かったんです!」

と言っても全く信じてもらえず・・・。

どこのクラスにも必ず1人いた
「1年中、半袖半ズボンの子供」に言うが如く

「今井君は元気だねー!」って。




「えへへ、俺ってば
また(袖の長さ)間違えちゃった★
そう言い放ちバイト先を後にした。




外へ出てブルっと身震いひとつ。


寒くないけど寒い。寒いけど寒くない。
愛されるより愛したい。(by KinKiKids)


皆さんも体温調節には十分お気を付けください。
特にこんな季節は。

k_t.jpg

これからの季節にピッタリの「孝式」Tシャツ。(冬の新作)
こちら数量限定でMサイズの半袖のみ。(ラスト1枚)
posted by 今井孝祐 at 23:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

2005年10月08日

ギロチンチョーク

「みんなー!格闘技は好きかなー?」

みんな「(大好きー!)」

「よ〜し!よし!わかった!苦しゅうない!」

ボクシングやプロレス、K―1、PRIDEなど・・・
男なら一度はあの四角いジャングルに想いをはせた事があるのでは?
自分もそのひとり。今でも大好きでよくTVで見る。

今日はそんな格闘技好きなみんなにピッタリの「劇」を教えてあげよう!


エンタメ集団「演人全開」コチラ↓
http://www.tiara.cc/~enjin/

第7回公演、その名も「ギロチンチョーク」(10日まで上演!)

そういえば数年前の大晦日、安田忠夫選手がジェロム・レ・バンナ選手から
この技でギブアップをとったっけ。


とある「総合格闘技の道場」に関わる人々の人間模様を描いた
「男の中の男」のストーリー。

というわけで、あるわけですよ。
トレーニングシーンや試合のシーンが。

凄い迫力と気合い!そしてまた気合い!!さらに気合い!!!

役者さん達が「芝居の練習以上の時間を費やし、格闘の練習をした」と言うのも頷ける。

劇場中に
バッシ、バシ!ズドーン!ズビシッ!
と、ミットやサンドバッグを打つ音が響き渡る・・・・・。


そして劇の中盤辺りには既に・・・・・






お、お、俺もやりて・・・・・・(ポッ)
いや、見てたらそうなるって!しょうがないってば!



劇の終了後・・・・・

出演していたお友達の役者さん達にお相手頂き、ミット打ちを初体験させてもらう事に。

オープンフィンガーグローブを装着しただけで一気にテンションUP!

そして、狙いを定め、えぐり込む様にして・・・・・打つべし!


「セイッ!」パフ。


「ハイッ!」・・・パフン。


「ワン・ツー!」・・・・・パ、パフッ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


つ、次はキ、キ、キックやるかな〜!



「ッシャー!」・・・パフ。



「オラー!」・・・・・パフッ。










「パフッ」て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしゃ亀仙人かっ!!パフパフすなっっ!!!

enjin-z.jpg

相手をしてくれた「演人全開」の「足立広紀」くん(左)と「光山文章」くん(右)
俺は得意技の「肉のカーテン」の構え。(正面には強いが横からの攻撃に弱い)

最後に俺がミットを持ち、光山君の蹴りを受けた。
下半身に構えたミットにローキックを受けたはずだった。それなのに・・・







あのー。脳が揺れたんですけど。
彼は橋本真也選手の再来かも・・・。
posted by 今井孝祐 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

2005年10月09日

煙草との関係

煙草を吸っている。

昨今の禁煙ブームの中吸っている。

そういえば吸い始めたのは・・・・・。



大学在学中4年間、映画部に入部していた。
そこで映画制作に取り組み、もっぱら出演をしていた。

2年生の時に出演した1本のとある作品。
その中で演じた役が「男が好きで煙草を吸う」キャラクター。

そうして完成した作品を見てショックを受けた。



「ぎこちねー・・・・・。」



煙草を吸う仕草はこの上ない“ぎこちなさ”だった。



そういえば、初めてキスシーンを演じたのも、
この映画の時だったっけ。

設定上、男性とね・・・・・。当然こちらも“ぎこちなかった”。




というわけで、それまで煙が苦手だったのだが、
以来、たしなみ程度に吸うようになった。


芝居の為にと始めたが、
今ではそんな名目は見る陰もなく、
すっかり、無くてはならない相棒になってる。

そんな煙草に関して、最近気が付いた事がある。
喫煙出来る場所がみるみる少なくなってきているのに
一日に吸う本数は全く減ってはいかない。不思議だ。

これは「煙草七不思議」だ。

いや、ひとつしかないけど。

csm.jpg

浮気症という訳ではないが、銘柄はいくつも変わってきた。今はこれ。

親父臭〜いパッケージがお気に入りだった、
この「キャスター」シリーズ。
ちょっと可愛らしくなってしまった。しかし田舎臭さは残っているので良し。


いつからか、ほとんどの煙草のパッケージに表示されるようになったものがある。
下部3分の1ほどを占め、愛煙家を圧倒してくるこの注意書き。
記載しはじめの頃は意識して読んでいたはずだったが、
それが最近では全く気にならなくなってきている。もはやでしかない。



慣れって怖い。


美味いかどうかはわからんが、気持ちリラックスしている感じが好きだ。
これからもこの相棒といい関係を築いていきたい。


・・・・・ってCMか!?(笑)
posted by 今井孝祐 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2005年10月10日

BLACK JACK

秋の番組改正で、暫く放送が滞っていた。

なので今夜の放送をどれだけ心待ちにしていたことか。



TVアニメ「ブラック・ジャック」

俺、手塚治虫氏の作品では一番好きな作品かも。




今夜のお話は、
「ピノコ誕生」(原作「畸形嚢腫」)

数あるストーリーの中でもメモリアルな話のひとつ。

B・Jの助手であり、娘の様な、妹の様な・・・・・
しかし自らは「おくたん」であると言い張る女の子。この物語のヒロイン。

「ピノコ」

そんな彼女の出生について描いたエピソード。



「B・J」といえば、TV版がどこまで原作に忠実に描けているかで物議をかもす。
当時の原作の表現が時代の違いから、今では規制がされ多少アレンジされている。
それもそのはず。連載は俺が生まれる以前に始まっていた。もう30年以上も前。
ましてやゴールデンタイムの放送なので更に規制が厳しいのかも。


でも俺はそんな相違点を楽しみながら毎週見ている。
例えば、バッドエンドの話ががハッピーエンドになっていたり。
既に知っているストーリーが新鮮に感じれるから。



そして今日の放送。ビデオ録画していたテープを再生。












「B・J」は映っていなかった。












録画ボタンを押し忘れちゃった★












ガッデ〜〜〜〜〜〜〜〜ム!!!
(ちきしょう!!!)





馬鹿な・・・押したんや・・・ワイは、ワイは押したはずや・・・こりゃ悪い夢や・・・



「jdshglmdfbkづじぇk、尾mxp@いcおtろp、こいhうぇeitk〜〜〜!!!」





まさに自ら、
ゴールデンタイムでは、とても放送できない言葉を部屋中で叫び続けたのだった。

bj.jpg

あ、あぁ・・・原作で読み直すよ。今日のところは。とりあえず読むけどさあ・・・




あれ?13巻15巻が無い・・・
無かぶゎい!!どこ行ったとやー!!!




ねえ。どこにぶつけたらいいの?

収まらねえこの怒りをどこにぶつけたらいいのよ・・・・・。(泣)
posted by 今井孝祐 at 22:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

2005年10月11日

努力と根性

今日は映画のオーディションに行った。
相変わらず「こりゃ今回来たべ!」という手応えなんてない。

今までかつて、試験や受験など数々戦ってきたが、
落ちた時はもちろん、受かった時でさえ、手応えなんて感じた事はない。
「ワシ駄目だったわー・・・」って実感は多々あるけど。(笑)

でもいるんだって。
「勝った!」って、わかっちゃう人。
しかもオーディションや試験を受ける前から予感しちゃう人も。
どんな感覚だろ?シックスセンス(第六感)がある人、教えて。



「努力」「根性」
少年野球をやってた頃も、中学の野球部員だった頃も
帽子の“つば”の裏にでっかくペンで書いていた言葉。



なんだかんだ言って何事も目標を達成するには、日々「努力」するしかないと思う。
そして「努力」した後に、結果というのは、必ず付いてくるものだと信じている。

たとえ一時は「残念な結果」が下されたとしても、
もちろん、まず自分の努力がまだ足りなかったって事は認めて。
しかし、その「残念な結果」には、それを下された“後”にこそ、
ものすごく大きなチャンスが潜んでいるんだって。

ピンチとチャンスは表裏一体って聞いたことがある。



となると「残念な結果」と、どう向き合うのかが重要だ。
もう一度目標を見つめ直し、また「努力」する。やっぱりこれ。
そうすることによって、次の戦いまで更に成長する事ができ、
歩幅に大小はあっても、以前より確実に目標へと進んでいるという。

なので、つまり・・・・・
結局は「努力」をしたら、結果が後から付いてきている事になる。


「コツコツと地道な事しか信じない」 主力会のお兄さん達もよく言っている。




ところがしかし「残念な結果」から再び立ち上がるには、
これがなかなか、かなり大きなエネルギーを必要とする。
そんなスムーズに出直し出来ないよ。勇気もいるし。
心身共にきっつい、きっつい。時には瀕死の状態に落ち入ることもあったり・・・。




ここで「根性」の出番だ。

最後に物をいうのは気合いと「根性」でしかないと思う。歯を食いしばって。
競馬でもゴール前の接戦を制するのは「根性」のある馬。
キン肉マンも「火事場のクソ力」で逆転するファイター。


「元気(根性・気合い)があれば
何でも出来る」


好きな言葉だ。



立ち上がろう。そして「歩いていこう」。【by J(S)W】






「まだやれるよーーーーーーーー!」






  日々、自分の目標に向かって頑張っている仲間達へ
  (このしょぼいブログを見てくれている全員の事です)

  そして初心に返り、自分を奮い立たせる為の独り言でした。

k-note.jpg

自分の「レベル上げ」(まだスライムにも苦戦中)をしていく為のNEWノート。
【「孝式」ノート】
ブログ開始と共に綴ってきている。中にはもちろんお馬鹿な内容満載。

そういえば最近、
「孝式」に投稿されるみなさんのコメントを見る度、エネルギーが湧いてきます。
よっしゃー!もういっちょ這い上がってやろう!って。根性アップアップ♪

心より感謝しています!

誉められると伸びる子なので、
そのあたりを踏まえ、今後もツッコミのコメントをよろしくお願いします!(甘え)
posted by 今井孝祐 at 22:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

2005年10月12日

iPod なの?

はい!みんな注目ー!
遂に待望のアイテムをゲット〜!

超小型、超スリム、超ポケットサイズ!?

いつでもどこでも私のお供に付いてこーい!

近こう寄れ★近こう寄れ★

ipod.jpg

「iPod nano」
しかもホワイト&ブラック!2つも!



これで今日から私めも・・・・・・



No Music
No Life



でございますっ!



渋谷駅のホームの壁にさぁ、
コイツらめちゃめちゃ沢山「張り付いて」やんのよ。

それで、どうぞご自由にお取り下さいだって。ラッキーボーイ♪





ひゃっひゃっひゃ!こりゃ笑いが止まんねーよ!!(爆笑)





本当に欲しかった色は、ホワイト&ブラックじゃなくて
「ファミコンカラー」だったんだけどね。
いくら探しても見つからなかったのよ。


ま、いいよね!タダだし!!







へ〜、これってセルロイド製だったんだー。


ipod2.jpg


あれ?あまりにも薄型過ぎてイヤホンが入らねぇ。







それで、みんなにひとつだけ聞きたいことがあるんだけど・・・・・






これって何に使う物nano〜〜〜?!
posted by 今井孝祐 at 22:08 | Comment(7) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

2005年10月13日

サッカーと悲劇

来年開催される
「FIFAワールドカップ/ドイツ大会2006」

みなさんもご存知の通り、日本はアジア予選を突破し、
世界で一番最初に本大会に名乗りを上げた。(開催国ドイツを除く)

万歳〜!来年の熱い夏をありがとう!!

【昨夜のウクライナ戦は・・・・・もっとやれたよ〜〜〜!!(泣)】



世界の各地域でも予選リーグが終了。続々と出場国が決まり、
残すはプレーオフに挑む地域のみとなり、ますます熱を帯びている真っ最中!


サッカー最大のお祭りであり、平和の祭典とも言われてるワールドカップ。
世界中のサッカーを愛する人々の夢や想いを叶える大舞台。
それゆえ優勝はもちろんの事、出場するだけでも大変難しい。
(今回出場できるのは32カ国)


そしてワールドカップが他のサッカー大会と違い特別な大会である一番大きな理由。


自分達の国や地域、民族の誇りを賭ける戦いであるという所。
その想いが強すぎるあまり、時に間違ったベクトルに人々が行動する事も。


戦争、殺人、暴動、人種差別・・・・・


過去にはサッカーが原因となった数々の悲しい出来事が起きている。




そして今回も
人は同じ過ちを繰り返す・・・まったく。
(byアムロ・レイ)



アフリカ予選「カメルーン代表対エジプト代表」

「アフリカのライオン」カメルーン
2004年「中津江村」に来たカメルーン

この試合に勝てばそのまま文句なし、
もし引き分けでも他会場の結果次第で本大会出場が決定する順位だった。

しかし、試合中に他会場の途中結果が入り、勝たなくてはならない大ピンチに。
それがなんと!1−1で迎えた後半ロスタイムにPKという大チャンスを得たカメルーン。
決めればほぼ「99%」出場が決定するという物凄いドラマティックな状況。
そしてキッカーであるウォメ選手の蹴ったボールは、

ゴールポストに当たり枠を外れた。

こうしてカメルーンの5大会連続ワールドカップ出場の夢は破れた。





その後、事件は報道された。


ウォメ選手の自宅、車、夫人の経営するお店などが、
同国カメルーンの暴徒らによって略奪、破壊されてしまった。
幸い、警察により身柄は無事保護されたらしいけど。



だからそれはイカンべよ!

一番辛いのウォメ選手だから!

みんな精一杯戦ってきたんだから!

もしかしたら応援が足りなかったのかもしれないじゃん!



日本もドーハでロスタイムの悲劇を経験してるからすごく気持ちはわかる。
(夜中に部屋で半ベソかきつつゴロゴロ転がって暴れてたし。俺。)

でもこれは駄目!絶対!

次回の大会で必ずやカメルーンが出場権を獲得し復活することを祈る。強いから。

そして来年のW杯。決してこういった悲しい事件が起きないことを祈る。


toto-m.jpg

これは、とあるサッカー雑誌の表紙。


「イタリア代表時代の俺」懐かしい。
選手として、もっとも油ののった全盛期の写真。


「ルーデンス」という名前のコンビニでのみ限定販売されていた。
ドラマ「駄目ナリ!」の映像で自分は確認することができなかったが、
確かに雑誌コーナーに並んでいた。

この号は、世界を代表するFWの名選手達がズラリと掲載された為か、
2004年の年間サッカー誌売り上げNO.1に輝いたらしい。
posted by 今井孝祐 at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼き侍(蹴球・足猿) | ↑PageTop

2005年10月14日

ティータイム

いつからかが美味い。
これって年のせいかな?



「骨が溶けてもかまわない!」

そう自分に言い聞かせ、学生時代に欲する限り飲みまくった炭酸飲料。
あんなに大好きだったのが嘘のよう。
最近あまり欲しない体に。

ねえ、やっぱ年?だれか違うって言って!(必死



夏でも冬でもいただく。
これからの季節はHOT(あったか〜い)がよい。

家ではもちろん、外でも茶を飲むことが多い。

ドリンクバーでも茶。
ファーストフードショップでも茶。
カラオケでも茶。
コンビニでも茶。
自販機でも茶。
運動するときはスポーツドリンク。(これは譲れない。)


緑茶、ほうじ茶、玄米茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、紅茶・・・・・・何でも好き。



特に美味いと感じる瞬間が、「仕事の後」と「ご飯の後」。

ホッと一息。

そして、煙草と言えばやっぱりコーヒー!





・・・・・ではない。断じて。



だって苦すぎるんだもん。あの黒いの。
そこらへんは、まだお子様。




あまりにも、せかせかした世の中だから。
たまにはゆっくりと茶でも飲んで・・・

ひとやすみ、ひとやすみ★(by一休さん)

k-tea.jpg


最近よく飲んでいる「こんぶ茶」梅干し入り。
この赤い缶、昔から変らないなー。みなさんも1度は見かけたことがあるのでは。

「駄目ナリ!」の撮影中、控え室に常備されており、
コーヒーになど一切目もくれず飲み続けた。


ただこれったら、煎れたては美味しいんだけど、
すぐに粉が湯飲みの底に沈殿し、上澄みは味が薄〜くなる。飲むのが難しいお茶。


更にこれが冷めるともう・・・ガッカリ。まるで塩水。






とてもじゃないが・・・・・






飲めたもんじゃねぇ〜!
(「ろくなもんじゃねぇ」by長渕剛さん)
posted by 今井孝祐 at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2005年10月15日

自動改札ワン、ツー、スリー!

駅員さんに鉄のハサミで切符を切られていたあの頃が懐かしい。
今でもスタンプを押してもらう改札とか、ちょっと嬉しかったり。
ほんの一瞬のコミュニケーション。

今では当たり前の様に通過するが、初めて通った時は驚いたもんだ。
一瞬で通過出来ちゃうんだもん。



「自動改札」




完全に慣れたはずのこの「マシーン」にいまだに驚かされる事が。



「正しい自動改札の流れ」

1・切符を入れる

2・切符が顔を出す

3・切符を取る



自動改札と言えばこのワン、ツー、スリーである。

これがリズミカルに決まると爽快感さえある。
特に急いでいる時とか、
ご自慢の「suica」がなかなか読み取られなくて、てこずっている通りの隣を
「スッ!」と抜けたりするとガッツポーズさえ出そうになる。

そんな「自動改札ワン、ツー、スリー」

gate1.jpg


この写真を見て欲しい。
お分かり頂けるだろう。


そう、その通り。
「自動改札ワン、ツー、スリー」の



(ツー)の部分だ。


どう?

この微妙な顔の覗かせ方・・・・・美しい。

申し訳なさそうに開いた小さな穴・・・・・カワイイ。

そして計算された適度な長さ・・・・・素晴らしい。

取りやすいったらありゃしない。

うまく出来とります。こんなの作る人間って凄いね。






ところが・・・・・。





我が自動改札人生で、

1度ならず、なんと2度までも!



そんなに頻繁に起きるものだと思わなんだ・・・・・・。









gate.jpg


え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?




あ、ありえね〜〜〜〜〜〜〜〜!

遥か前方へとまさにロケットダイブ!(by「hide with S.B」)




聞くところによると、実は結構体験者がいるらしい。
こんな「びっくりどっきり現象」が起こるなんて最近まで全く知らなかった。



2度目の体験で人間の「ある法則」を発見。


自分でもなぜだか分からないが、
これに出くわすと絶対に笑ってしまう。

そして地面に落ちた切符を拾い上げる時のあの切なさ、恥ずかしさ・・・・・
1度は味わってみる価値あり★
posted by 今井孝祐 at 23:54 | Comment(3) | TrackBack(1) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

2005年10月16日

機動戦士ガンダム

もうすぐ30歳になるというのに相変わらず好きなのよ・・・・・。




我が心のアニメ


「機動戦士ガンダム」



ここ「孝式」にも、ちらほらとガンダムネタが登場しているので、
もうお気付き方もいらっしゃっただろうが・・・。




俺が3歳の時に放送開始されたアニメで、観ていたのは既に再放送のもの。
なので俺よりちょっと上の世代の男子はジャストミートだろう。

そうでない人も「アムロ」と「シャア」と言う名前(単語)は、
聞いた事があると言う人もいるのでは?

あくまで、身近にいないだけかもしれないが、
ガンダムは知らないという人はいても、嫌いだと言う人はあまり聞いた事がないなあ。
主力会にも好きな人間が結構多いし。
ガンダムのゲームをやったり、
着メロとかも、井上大輔の「哀・戦士」や「めぐりあい」を使ってたり。(笑)




およそ25年以上経ってもガンダムシリーズの作品は最近もTVでやっていたようだし、
今年も「Zガンダム」が劇場公開しているというこの状況。

全ては幼い頃に観た第1作目「初代ガンダム」があってのものだと思う。
俺が言う「ガンダム」とは主にこの初代を指す。

たまに正月とか地方局で
映画版「機動戦士ガンダムT、U、V」が連続放送されると絶対観ちゃう★



今観ても全く色あせることは無い。こりゃホントに名作。
ガキの頃は、キャラクターから入ったが、
改めて、そのストーリーの深さ、世界観に驚愕する。
やっぱりいくつになっても「いい」もんは「いい」。
歳は関係無かろうもん。

あぁ、この記事を書いていたらまた観たくなってきた・・・・・。

z-gok.jpg

お菓子のオマケについていた、ジオン軍の大好きなモビルスーツ


「シャア専用ズゴック」


ラーメン屋の屋台とのコラボレーション。
タイトル 「オヤジ!チャーシュー麺。あ、ネギは抜いて・・・苦手だから」

今度はガンダムのプラモデル「ガンプラ」も久々に作りたくなってきた・・・・・。
posted by 今井孝祐 at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。