『 2006年10月 』 の 記事一覧

  • (06/10/17) 豆腐屋
  • (06/10/18) リュック矯正
  • (06/10/19) オーダー
  • (06/10/20) 戦いのあと
  • (06/10/21) 距離感
  • (06/10/22) 2年連続ならず
  • (06/10/23) 変らぬ夕日
  • (06/10/24) お目見え
  • (06/10/25) 溢れる思い
  • (06/10/26) 北海道、真夏並みのアツさ
  • (06/10/27) 専用
  • (06/10/28) お連れ様
  • (06/10/29) 献血
  • (06/10/30) 麺創房・無敵屋
  • (06/10/31) カボチャ
  • 2006年10月17日

    豆腐屋

    長渕剛ファン王決定戦で演奏していた曲。

    「東京青春朝焼物語」


    その歌詞の一部

    「豆腐屋のばあさんは ゴムのエプロンに長靴で
    いつもそこら中に 水をまいていた
    「ごめんよ」が このばあさんのいつもの挨拶で
    そこを通るたびに 笑ってた」



    で、そうそう。思いだした。

    最寄り駅に向かう途中に小さな豆腐屋がある。
    大きな豆腐屋なんてそうはないか。

    お歳をめしたご夫婦が毎朝毎朝、手作りで豆腐を作っている。


    汗水垂らして動き回っている親父っさん。

    「ゴメンよ」が口癖かどうかわからないが、
    サポート役の女将さん。


    なにがいいって、
    朝そこを通る度に漂っている香ばしい大豆の香り

    コーヒーが少々苦手な私にとっての
    モーニングコーヒーの香りみたいな。

    これがすんごく、いい香りなの。
    ささやかな朝の楽しみ。

    061017_2250~0002.jpg

    まだそこの豆腐は食べたことないんだ・・・。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

    2006年10月18日

    リュック矯正

    061018_1107~0001.jpg

    使用前








    061018_1106~0001.jpg

    使用後


    写真は確かにヤラセ入ってるが、
    リュックで背筋が良くなるのは本当らしい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2006年10月19日

    オーダー

    061019_1332~0001.jpg

    役者仲間の倉富幸洋くんが監督の自主作品
    『シティコーラル』

    その打ち合わせに呼ばれ、倉富くんと役者のあゆみさんと
    3人でバーガーショップへ。



    〜注文。


    あゆみさんはハーブティーを。

    私はフィッシュバーガーとポテト、
    ドリンクはお茶で、すぐさまオーダー。



    最後に倉富くん


    「え〜、フィッシュバーガーのセットで、
    あ、サイドメニューは、ポテトで。」


    店員さん「ドリンクは何になさい・・・」



    「お茶で!」







    ??????????





    ?マークを頭上に浮かべ、
    お互いの顔を見合わせたあゆみさんと私。




    幸洋さん、何故にぃ?!
    「同じのもうひとつ」って言わんのは何故にぃ?!

    迷い無く、サクサク答えてんのに何故によぉ?!
    既に頼むもの決めていたでしょう!



    『ねるとん』の告白タイムで言えば、
    お互いフィッシュバーガーさんを狙っているというのに、
    俺がフィッシュバーガーさんに告白する時には、
    「ちょっと待ったコール」をせず、
    俺の告白が一通り終わった後、
    幸洋さんが再び同じフィッシュバーガーさんに告白しに行くような。

    それに似た、何か、ぎこちなさ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2006年10月20日

    戦いのあと

    ショッキングなニュースが飛び込んできた。


    孝式でも何度も書いてきた競走馬、
    『ディープインパクト』。

    なんと先日行われた凱旋門賞で、禁止薬物の使用があったという。



    マジっスか?と。
    何やってんの?と。

    もうガッカリですわ。



    故意ならいわずもがな、
    例え過失だとしても、
    万が一、何らかの事件に巻き込まれたとしても、
    禁止薬物の反応が出たのは事実。

    関係者の責任は重いでしょう。


    しかしディープ自ら薬物をとるはずはないので悪くない。

    本当に可哀想。
    一生懸命走ったのに。
    三着取り消しになんてなったらもう・・・。

    061020_1152~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月21日

    距離感

    その日、
    私は確かに、
    ほぼ全身アディダスで身を固めていた。
    それは確かだった。

    061021_1142~0001.jpg


    車内。

    賑やかに喋っている
    スーツ姿の男性グループ。



    そのグループに突然声をかけられた。
    “全く知らない方達”に

    「アディダス!」と。




    東京では、全く知らない人に声をかけられるという事は、
    ほとんどと言っていいほどない。

    客引きやトラブルにあった時くらい。(笑)




    私の身なりを見て、
    「アディダス好きなん?」

    「俺もアディダス好き!エエよな。」

    「かっこええよな。」

    私を交え、アディダス話に花が咲く。




    出張か何かでしょうか?
    スーツの皆さんは、「関西の方達」でした。


    関西方面の方に多いといわれるこの感覚。

    なんと表現したらよいでしょうか、この距離感。

    いきなり話しかけられてびっくりしましたけど、
    私は嫌いじゃないんですよ。
    むしろ羨ましいほどのアプローチ。


    『袖すり合うも多少の縁』

    ラストは
    「アディダス万歳!」
    と言ってガッチリ握手を交わしサヨナラした。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2006年10月22日

    2年連続ならず

    2年連続の三冠馬誕生は難しいと。
    ま、そういうことか。


    2冠馬『メイショウサムソン』

    第67回菊花賞(GI)4着


    前哨戦、神戸新聞杯で2着に敗れはしたが、
    持ち前のど根性を見せてくれたので期待していた。


    チャンスは十分あったとおもうが、
    直線の切れ味勝負は、サムソンには分が悪かったみたい。

    逃げ馬をいつでも捕らえられるくらい、
    前めの位置取りでのレースも面白かったかも。

    それとレース前、気になった、
    馬体重の増量は影響あったのか。



    勝ったソングオブウインド
    2着のドリームパスポート
    逃げたアドマイヤメイン
    2冠馬メイショウサムソン

    強い。
    この先非常に楽しみ。

    ドリパスはもう名前からして素敵。

    再び、揃って大舞台でのレースを見せて欲しい。



    そして今回もまた、馬券買っていなくてよかったと。
    ま、そういうこと。

    061022_2230~0001.jpg

    ソングオブウインドの父は、
    かつて凱旋門賞2着にもなった「エルコンドルパサー」

    念願の跡継ぎが出来てよかったよかった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月23日

    変らぬ夕日

    よかった。

    日本アカデミー賞を総ナメした作品。
    貧しくとも、たくましく、温かい時代が描かれている。

    061023_1256~0001.jpg

    『ALWAYS〜三丁目の夕日』


    ああ、かつてはこんな日本があったのかと、実に羨ましい。
    今の日本ときたら。(笑)

    我々も、古き良きもの、大切なものは次の世代に残しつつ、
    そのうえで新しい未来を作っていかなければ。

    最近観た映画のなかで一番のヒットだった。ジンときた。泣いた。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年10月24日

    お目見え

    そして今年もコタツをだした。

    最近寒い。
    いよいよ寒い。

    061024_2324~0001.jpg

    なに11月下旬の気温って。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2006年10月25日

    溢れる思い

    完全にナメてた。


    061025_2138~0002.jpg

    こんな小さな粒が、










    061025_2203~0002.jpg

    まさかこんなにボリュームUPするとは。

    溢れるにもほどがある。
    ばっこん!ばっこん!破裂して、
    フタがPOPに押されて完全に浮き上がってたから。




    歌いましょう。


    曲はもちろんMC A.Tさんの名曲。

    ぼんまへっ★
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

    2006年10月26日

    北海道、真夏並みのアツさ

    「日ハム」こと
    『北海道日本ハムファイターズ』

    私が生まれて初めて日本一。




    その瞬間、見た。
    マウンドではなく、外野で胴上げされる選手。


    今シーズンのプロ野球界の主役はこの人でした。


    『新庄剛志選手』背番号1



    「ユニフォームを脱ぎます」との発表。


    以前から話題にもなっていた
    ファンサービスは加速。どんどん加速。


    これぞエンターテイナーか。


    「スタジアムに来たファンに楽しんでもらいたい」


    それが物凄く伝わってきた。



    時には、色付きのアンダーシャツが
    「襟問題」なんていって取り上げられ、
    昔気質の人にお咎めうけたり。


    それでもいいと思う。


    新しい事をする時には
    大概そういう事が起きるものだし。
    本人とファンが一番楽しんでいたみたいだから。



    何よりパフォーマンスだけじゃないって事を
    しっかり証明してみせたのが凄い。そこが本当に凄い。

    主力としてチームの一体感は更に増していき、
    リーグ優勝からついにシリーズ優勝へ。

    新庄選手、プロ野球人生はじめての日本一。

    まさに男の花道。


    ご本人もおっしゃっていたが

    「出来過ぎ。まるで漫画みたい」
    あるんだなあ。こういう事。

    新庄選手お疲れ様でした。


    061026_1018~0001.jpg

    この2つ、昔からほんとに好きで好きで☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月27日

    専用

    指定時間外には男性も乗っていいんだが。

    一面にピンクのステッカーが貼り付けられた車両には、
    なんだか“イケナイ緊張感”を感じる小心者。

    061027_2053~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2006年10月28日

    お連れ様

    カフェの店先にて。


    喫煙しようとしたら
    少し離れた所にスタンド式の灰皿ひとつ。


    その灰皿の隣にはオジイサマひとり。


    「オジイサマ専用灰皿」として使っていた形跡のある、
    その灰皿を拝借したく、声をかけようとすると、
    オジイサマ熟睡中。
    気持ち良さげに爆睡中。


    ここで灰皿を動かせば、オジイサマを目覚めさせてしまう。
    なのでオジイサマの側で喫煙をしはじめた私。



    更にイビキをかくオジイサマ。



    すると店員さんがこちらに向かって足早に歩いてきて

    「あの、お連れ様を起こして頂けますか?」
    (この時、閉店間際だったので)




    “お連れ様”って。




    店員さんの声に反応してか、
    オジイサマが少し動いた。


    ああ、これで目覚めさせてしまったか・・・なんてこった。



    と思ったらそのオジイサマ。

    目を閉じたまま、スタンド灰皿を私の方へ
    ガタガタガターッ!と差し出し、また腕組みして寝はじめた。



    “きょとん”とする店員さんと私。





    たぶん仙人だったと思う。


    061028_2143~0001.jpg

    灰皿と仙人の青ジャージ
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2006年10月29日

    献血

    血の気が多い気がしたので?

    7年振り、7度目の血抜き。


    『献血』


    たまにはいい事してみたい。


    そしてジュースが飲み放題。

    061029_1028~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2006年10月30日

    麺創房・無敵屋

    061030_1127~0001.jpg

    久しぶりに食べた。

    ガツンとトロッと豚骨醤油、もちっとした中太麺。大盛り無料。

    以前は並ばずに食べれたのに・・・、今や行列必至。
    ラーメン激戦区の池袋でまさに無敵!(個人的に)

    『麺創房・無敵屋』の「本丸めん」

    このラーメンを食べて、
    人それぞれの「本丸」=「夢」を目指して頑張って欲しい。
    そんな由来のネーミング。

    ああ、素敵。

    相変わらず“んまい”です。“ペロリ”です。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

    2006年10月31日

    カボチャ

    街がめっきりカボチャづいている。

    そりゃもう、づきまくってやがる。

    061031_1756~0001.jpg

    巨大カボチャをくり貫いてできた
    「カボチャ風呂」に入ったくらい。
    湯船に浸かりながらカボチャをむしゃむしゃ食ってた。

    夢の中でね。


    あたしゃこれがあのハロウィンパーティーかと思ったよ。
    すぐに絶対違うはず!って自分に言い聞かせたけど。


    ハロウィンというて、なぜカボチャなのか?
    何をするイベントなのか?
    知らない人も日本人なら多いでしょう。

    それは私も知らんので誰か教えて下さい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。