2008年11月01日

Kの嵐

夜は新宿シアターブラッツへ舞台。
その前に行きたかったラーメン屋は、
スープが終わっていて終了。もう何度も食べ損ねているよ・・・。


081101_1831~0001.jpg

初級教室公演 vol.1

『恋愛研究所』〜LOVE SICK.LABORATORY〜


名前からもわかるが、恋と愛。恋愛。
先祖代々、脈々と運命的に結ばれるという、
がっつりの本格的ラブストーリー。

原始時代、戦国時代、現代など、
時を越えてストーリーが紐解かれ、
人々が交わっていく(いやらしい意味ではない)のは心地よい。


そして驚きだった。
私が今まで見た芝居の中でかつてないキッスの嵐。

役者さんの心中やいかに。いやいや、さすがである。


べ、別に!オイラは羨ましくないんだからねっ!!!
(だからいやらしい意味とかはない)
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

2008年11月02日

「市」

「し」ではない。

「いち」。

全国ロードショー中の映画『ICHI』

綾瀬はるかさん演じる「女版・座頭市」。
敵山賊の一味でチョリーッとですが出演しております。
北斗の拳で言うと、例のモヒカン頭の雑魚的存在。

ウォーリーを探すが如く探してみて下さい。

公式サイトの予告編(パソコンで見れます)チラリズムや、
エンドロールに名前も出ておりましたのをつい最近知りました。


081102_2200~002.bmp

撮影の様子☆孝式過去記事→コチラ
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月03日

本格科学冒険漫画

あともう少しで最終巻なんだ!という所まで読んでいて、
気になって気になっていた、この本格科学冒険漫画の結末。

友人に全巻借りて1巻より再読、そしてようやく『21世紀』まで読破。


081103_2142~0002.jpg


『20世紀少年』


お前だったか。


“ともだち”



でも読み進むにつれ、
終盤は“ともだち”の正体はそれほど気にしなくなっていた。


それよりも、人それぞれの生き方とか想いに興味がいく。
そしてそれらに根本的にベッタリ染みついて落ちないものが、
幼い頃に出会った人や物事であったりだとか。


描かれている主人公達の世代とは、自分はほんの少しだけ離れているが、
懐かしく、どこか自分にも覚えがある部分が刺激されて、
くすぐったかったり、痛々しかったり、なんとも言い難い箇所もある。


時々読み返したくなる漫画かも。
面白い。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

2008年11月04日

男の甘味

甘味好きは言うまでもない私だが、
当然食べる専門。略して“食べ専”。


081104_1618~0002.jpg

こちらのチーズケーキを見て欲しい。



もう信じられない。


この方も男子のクセに
甘味好きであるのは伺って知っていた、甘味仲間。

しかし食べ専ではなかったのだ。

なんとこちら!どんっ!


081104_1615~0001.jpg


今回、舞台でご一緒させて頂く、
「東京アンテナコンテナ」の役者さん、
奥山洋文さんが作ってきてくださった、
“手作りチーズケーキ”だったのだあ!




・・・マジ・・・すか?(驚愕)



甘さが少なめ、
つまり甘えがないチーズケーキ。

うむ、確かにこれは“男”のチーズケーキだ。


これがウマし!
ご馳走様でした!




あの・・・




もう一度だけ言わせて下さい。





・・・マジ・・・すか?(笑)



あ、いやいやっ!
(失礼を承知の上で!)いまだに信じられなくて、
それくらいまた食べたいんです!

手作りしちゃう男性って素晴らしい。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2008年11月05日

青服

[フレフレ少女]?





いやさ




081105_1313~0001.jpg

完全に
「フレフレオッサン」である。



あるいは



BE-BOP-HIGH SCHOOL
城東工業のボンタン狩りである。




「愛徳のカト〜とナ〜カ〜マ〜?」

・・・あっ!



081105_1317~0001.jpg

い、井上さんお疲れっす!!
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

2008年11月06日

自己責任

自分の過ちに恥ずかしくなった、先日の出来事である。




読まないの。


全然読まないの。


何度タッチしても
うんともすんとも言わないの。


優しくそっと触れても、

力強く叩きつけても、


反応しないの。



この機械壊れているんじゃないか?!



フッ・・・ようし、いい度胸だ・・・。



ならば財布から出して、直接タッチしてやるっ!





・・・・・・・・・・あぇ?





Suica無い・・・俺のSuica無くなっとる。


・・・この日の前夜・・・、
酔って最寄り駅まで帰ってきた私は、
Suicaを使って回数券を買って・・・、




あぃやぁ〜!あの時か!あぃやぁぁぁ〜!(香港映画風に)



完全に改札機のせいにしていた自分が恥ずかしい。

すまない、許してくれぃ、改札機よ。



081106_0916~0001.jpg

そんなわけで、ちょっぴりイメチェン。

今回PASMOにしてみました☆
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

2008年11月07日

歌の翼

赤坂見附駅から激近にもかかわらず、
めちゃくちゃ迷った。(多分半べそかいていたと思う)

どこにも見つからなかった。

地下2階だから地上からは見えないんだもん。

地上から上が“ホテル”だとは誰も思わないよ。
まだ出来て間もない新築の匂いする劇場、「赤坂RED THEATER」。
赤坂のレッドシアターてことは、“赤坂赤劇場”だ。


新宿芸能社 第12回公演
『歌の翼にキミを乗せ』


終戦間近い日本。
テニアン島に駐在した日本海軍と現地住人の話。
時代は違えど、若者たちの青春は燃えている。

今日の舞台を見るまで知らなかったのだが、
テニアン島とは広島と長崎に原爆を落とした飛行機が出発した島だそう。

なにより大切で
なにより強いのは
人の心。


それは昔も今も、
そしてこれからも変わらないだろう。


081107_1802~0001.jpg


生まれて初めて見たのだが
お芝居本編の終了後、次回公演の“予告”というのがあった。

さっきまで出演していたキャストさん達が予告編をライブで演じるのだが。

これが個人的にかなりツボった。
その内容、画期的だった。
次回は是非この“予告通りの画期的作品”を見てみたい。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

2008年11月08日

だりすぎ

スミマセン。




これはだりすぎました。




自覚しています。



081108_2325~0002.jpg


書いていたら、どんどんエスカレートして、
自分を見失ってしまいました。



いよいよ!
本番まであと一週間です!

舞台詳細→コチラ
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月09日

珠玉の賛歌

小雨パラつく中、
下北沢OFFOFFシアターは駅前で嬉しい限り。


081109_1959~0001.jpg

女王陛下プロデュース
『SHOW BOOT』

芝居かと思いきや、
タイトルにもある通りショーであった。


オアシズの光浦さんと大久保さんのお2人が主演であれば、
もちろん笑う準備はしていたわけですが、
ミドリちゃん(さん?)、大地さん、福田さん。

キャストの皆さんの個性が強烈・・・
というか“きょふれつ”でした。


その予想以上に笑かして頂いたこと、
プラス
予備知識無しで、まさかの『ミュージカル』に衝撃・・・
というか笑劇を受けました。

そしてそのミュージカル具合が本気で・・・本意気で。


あれだけ真剣・・・と書いて“ガチ”ならば、
このお姉様方に誰もかなうまい。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

2008年11月10日

きっと・・・

081110_0942~0001.jpg


ジュースの自販機の中にひとつ紛れていた。




瓶を開けると




081110_0943~0001.jpg

『キットカット』チョコレート。



もし喉が乾き、ジュースを買うつもりで
自販機からこれが飛び出してきたら。


きっとカッとする。




・・・・・。




毎日、稽古前にはチョコレートを食べている。
頭が冴えるというから、信じているのよ。

きっと・・・きっと・・・って。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

2008年11月11日

フォーマルの反対

081111_1952~0001.jpg

昨日購入した今回の舞台用の靴。


茶色くて、
フォーマルで、


そして
なんて茶色くて、
なんてフォーマルなんだ。




稽古は今日含めてあと3日だが、
今から履いて歩きまくりで出来るだけ馴染ませる。


しかしこんなにルックスがフォーマルだというのに
足音に品がないのは、何故なのだ!



鉄みたいに堅すぎる靴裏がフォーマルじゃないからか?

それとも

持ち主自身の歩き方がフォーマルじゃないからか?



『フォーマル』の反対語が『今井孝祐』

みたいな事は心当たりがあったりする・・・確かに。




私が本番までに
一体どこまでフォーマルに成り上がるか?

過度に期待せず、ワンポイントでプチ楽しみにしていて欲しい。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月12日

歌とお芝居

081112_2224~0002.jpg


今回の舞台は音楽とお芝居の融合

芝居の為にと毎日聴いているのですが、
気がつくと芝居関係なしで聴いている時間も。


素晴らしい曲が盛りだくさんです。
気づくと口ずさんでいます。


・・・台詞を憶えろっ!俺っ!



1900年代はじめのスペイン。

詩人「ガルシア・ロルカ」
映画監督「ルイス・ブニュエル」
画家「サルバドール・ダリ」

同時期、学生館(寮)で青春時代を共に過ごした3つの才能。
彼らの青春、友情を音楽と芝居で綴ります。

生バンド、生歌、生芝居、生今井。
『ロルカとダリとブニュエルと』詳細→コチラ
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月13日

『ロル・ダリ・ブニュ』明日から!

いよいよ!
明日から3日間、用意スタァーッ!

081013_0135~0001.jpg

MCM・第7回公演
『ロルカとダリとブニュエルと』

公演詳細→コチラ

奇才「サルバドール・ダリ」を今井ならではに演じさせて頂きます。

ご都合よろしければ、是非是非、御来場くださいませ!お待ちしております。

何番かって?!
十番ですよ!十番!!麻布十番!!!




ステージ上で、カメラ前で。
私はいつも誰かの為に演じていたいと思っています。私なりにですが。



既にニュースなどでご存知の方も多いと思いますが。

先月の31日、私は渋谷ユーロスペースにて、
映画『ブリュレ』のロードショーのトークイベントでゲスト出演させて頂きました。

その『ブリュレ』の林田賢太監督が先日お亡くなりになりました。
私と同い年、32歳。突然のことで信じられませんでした。

次回作の構想などを、とても情熱的にお話しされていたお顔が忘れられません。

孝式記事→打ち合わせ(監督のお写真あり、テーブルの左奥) と トークイベント



ご来場の皆様に、

ご来場出来ずともいつも応援してくれている皆様に、

サルバドール・ダリ本人に、

そしてご来場のお約束を交わしていた林田監督に捧げます。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月14日

『ロルカとダリとブニュエルと』初日

081114_0928~0002.jpg

こちらがお世話になります劇場です。
「アトリエ・フォンテーヌ」


MCM第7回公演
『ロルカとダリとブニュエルと』

“初日”


081114_1330~0002.jpg

アトリエと言うだけあって、
アートにはぴったりしっくり。
なにせアトリエだもん。

本日快晴アトリエ日和。

安全第一。
2階ステージから落ちないようにしなければ。


緊張しないと言いはる
正直“緊張しい”な私は、
これは永遠に治らないのか。


芝居は芝居で同じようにみえても、
毎度毎度、取り組みが違うし、自分の新しい試みやチャレンジがそこにある。


特に今回はそう。
見て頂ければわかる。


初めての事に挑戦するというのは、
いつまでも新鮮で楽しみがある分、
いつまでも慣れという事がない。

それが魅力であり魔力でもあるかもしれない。


だから、
初日の“セリフ走り”は
いい加減にしないか俺!(泣)
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月15日

『ロルカとダリとブニュエルと』中日

『ロルカとダリとブニュエルと』

“中日”(ドラゴンズではない)


中「NAKA」日!

お天気!どうしたこれえ!
中途半端で、明日もっと悪いらしいって!
なによもう!でも負けヘンよ!

081115_1152~0001.jpg

楽屋で休憩中!いや集中中!チュウチュウ!
チューチューとレインって馬鹿あ!



麻布十番駅から、劇場へまでの道中。
建物の壁にこんな文字。


081115_0940~0001.jpg


正しい読み方は解らないが、


「d a L I」


「ダリ」


確かにそう見えたんだ。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

2008年11月16日

『ロルカとダリとブニュエルと』千秋楽

MCM第7回公演
『ロルカとダリとブニュエルと』

千秋楽

稽古からの、そして公演3日間はあっという間。
確実に時間は経ってくのですね。


御来場頂きました皆様!全ての皆様。
お足元が悪い日もありました。
本当にありがとうございました。

そして沢山の差し入れやプレゼントのお気遣い。
いつも本当に嬉しいです。心より感謝いたします。
全5回公演、事故なく無事に終幕できたのは皆様のお陰です。
そしてなおかつ楽しんでいただけたら幸いです。

081116_1326~0001.jpg
(中:ロルカ役・平林龍くん、右:ブニュエル役・吹原幸太くん)

ロルカ、ダリ、ブニュエル。
3人の才能ある男達のこと・・・。

残された映像や文献、作品を探って、演じていくうちに、
3人がどんどん好きになり“誰かに伝えたい”そう思うようになっていきました。
時間も場所も違う、いまここで。


最後に
スタッフの皆様、お手伝いくださった皆様、関係者の皆様、
バンドの皆様、共演者の皆様、そしてMCMの皆様。

渡辺千恵先生、酒井美佳先生、下平ヒロシさん。

大変お世話になりました。
素敵な時間を共有させていただき、本当に幸せでした。
どうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。