『 2010年03月 』 の 記事一覧

  • (10/03/01) 7日目〜退院
  • (10/03/02) ヌードル解禁
  • (10/03/03) 鎧とスタジャン
  • (10/03/04) ナマリの身体
  • (10/03/05) いない。いない。
  • (10/03/06) 裾の道
  • (10/03/07) 種と私
  • (10/03/08) 胃キャメラ イン
  • (10/03/09) 暑さ寒さもよく分からん
  • (10/03/10) 今井ブラック
  • (10/03/11) 雪の山であり杉の山
  • (10/03/12) 強い海の風
  • (10/03/13) (泣)
  • (10/03/14) しおり
  • (10/03/15) 7つの●
  • (10/03/16) 時の引き金
  • 2010年03月01日

    7日目〜退院

    時はきた。
    (プロレスラー故・橋本真也選手風に)


    100301_0851~0001.jpg

    お世話になったマイルーム。


    生活し易い生活用品の配置やベッドの角度などに、
    ようやく慣れ、馴染んできたところ。



    初日は一晩中このベッドの上で
    激痛に絶叫しながらゴロゴロのたうち回ったのも懐かしい。


    あの夜の私は、浅田真央選手以上に回っていた。

    何アクセルだよ。
    何プルアクセルだよ。ホント。



    1週間お世話になりました。




    ということで。

    本日退院いたしました。

    皆様、大変ご心配をおかけ致しました。

    関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。
    申し訳ありませんでした。



    いよいよ復活の狼煙です。

    今後もどうぞよろしくお願い致します!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2010年03月02日

    ヌードル解禁

    ヌードル食べてストレス溜めない!


    お腹に優しく温かいヌードルをね。


    いつもなら湯を入れ速攻でバリバリ硬麺を食すタイプ。
    今日は長め長めにふやかし、そしてスープをぬるくして食す。


    100302_1256~0001.jpg

    私の退院記念に元祖カップヌードル。

    具沢山、染みわたる旨味エキス。


    やっぱりメンだ。麺。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop

    2010年03月03日

    鎧とスタジャン

    男子に雛祭りは、さておき。

    足立区にある撮影スタジオへ。


    終電車もなくなる真夜中に行われるのは、
    テレビのバラエティー番組のVTR撮影。


    年代物のパーソンズのスタジアムジャンパーと、
    ケミカルウォッシュのGパンが、
    とてもじゃないが“衣装に見えない”。

    そんな違和感の無さを周りから大絶賛され、ちょっと複雑だ。


    100304_0014~0001.jpg

    どこか猫背な西洋の鎧と黄色スタジャン。

    深夜のスタジオの倉庫内。
    他の役者さんやスタッフさんがいたから撮影できたが、
    もし独りだったなら恐ろしくて猫背鎧にはこんなに近づけないだろう。

    絶対毎晩動いてるもん、この猫背鎧。

    100304_0015~0001.jpg

    さぁて、撮影も終盤!やってやる!
    そんでもって帰りのタクシーで爆睡してやるんだからっ!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

    2010年03月04日

    ナマリの身体

    認めたくないものだな。
    入院ゆえのナマリというものを。


    100304_2341~0001.jpg

    いつもなら、
    階段の段を抜かしての走り降りは、
    お手のものな私なのだが。

    ラスト足をグネって膝からくずれた・・・。



    一段と筋力の衰えた体。
    そこにきて今日は殺陣の稽古である。

    100304_2359~0001.jpg


    帯をギュッと締めると
    気もギュッと引き締まる。


    頭と体を使っての殺陣は疲労が如実だ。

    病み上がりのリハビリどころでは済まされない疲労。


    重っ。おんもっ!身体おんもっ!


    ナマって、ナマって、
    完全にナマリの身体である。


    明日から再び走り込みなんぞを。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2010年03月05日

    いない。いない。

    テレビ番組のロケ。

    ロケ地、夕暮れ時のお台場に来ている。


    100305_1802~0001.jpg


    入院している間に、
    いつの間にやら暖かくなったものだ。


    春の気配。


    撮影の待機中、全然耐えられるもんね、大気中の寒気に。




    !!!!!!!!!!




    おぉ!あれは!ガンダ・・・・・む?!







    ・・・・・・・・・・。







    100305_1809~0001.jpg


    あ、いや、一瞬だけ。
    ほんの一瞬よ。


    んなこたーない。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

    2010年03月06日

    裾の道

    切らない人はいいよね。

    脚長さん羨ましい。



    100306_2303~0001.jpg

    『ジーンズの裾』



    ジーンズを同じ値段で買っても
    私なんかは裾を斬り捨てられてしまうから。


    なんか損。(笑)



    そして毎回、この切れ端の使い道に困る。



    ぶっちゃけ今までに買ったジーンズの切れ端を合わせたら、
    何本分のズボンが作れるだろう。


    なんて勿体無い。



    だからだいたいは・・・・・



    100306_2302~0001.jpg



    一回キャプテンになって

    捨てる。





    ま・・・それくらい・・・。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2010年03月07日

    種と私

    今日は20時以降、
    口から食べモノを入れてはいけない。


    それまでになんか食べなきゃ、なんか食べなきゃ。



    昨日食べたアボカドの種。

    これがデカくてあまりに立派で、
    なんだか捨てられずに一晩乾燥させた。

    100307_1937~0001.jpg



    何を思ったか。
    私は、その種の皮を剥きはじめていた。


    剥いて剥いて剥いて・・・・・


    没頭しすぎて、
    いつの間にか20時を過ぎてしまった。



    皮を剥きさえしなければ。


    私は一体何をやってるんだ・・・・・。


    ああ〜炭酸飲みたい。(涙)


    100307_2300~0001.jpg


    種は食えやしない。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2010年03月08日

    胃キャメラ イン

    実は今、
    まだ麻酔が効いているからか、
    書いている携帯の文字がぼやけてうまく見えない。


    今まで沢山の写真を撮られたものだが、
    体の内側の写真を撮られたのは生まれて初めてだ。


    本日は、胃カメラこと内視鏡の検診である。


    あれから
    私の胃はどうなったのだろう。


    100308_1052~0001.jpg

    こちらは喉の麻酔をしている所。


    顎を上げ、口に含んだゼリー状の麻酔薬を
    飲み込まないように喉に溜めて五分間。


    そして更に喉に麻酔スプレーを吹き付ける。

    これが苦い!激苦だ。痛いくらいの苦味。

    もうこの時点から
    “オエッとくるもの”との戦いなのだ。



    いよいよ内視鏡室に入り、ベッドに横たわり、
    口から管のようなカメラが入る。


    「きっと麻酔が効いているから感じないだろう」
    と思ったらそれも喉元だけ。


    食道にカメラが当たるあの感覚。
    狭い弁のような場所をグイッと押しのけ侵入してくる感覚。


    思わずうめき声が出てしまった。



    決してナメていた訳ではない。
    しかし想像以上に太かったわ・・・カメラが。


    そこからずっと看護士さんが背中をさすってくれていた。

    おかげで“オエッとくるもの”をずっとこらえられた。


    溢れ出るよだれもそのままに・・・。



    胃に到着したカメラは中であちこち動き回る。

    そう。
    胃の中の撮影会がスタートしたのだ。

    またカメラの感覚がさっきにも増して伝わってくる。



    胃の壁にカメラが当たっている感覚だ。



    いい写真を撮ろうとしてカメラマンや報道陣が
    我こそはとベストポジションを奪い合う様に
    グイグイと胃に押し迫る。


    この体の内部を触られる感覚。
    痛くはないが嫌な苦しさだ。


    もう早く終われ!早く終われ!と心でコールを叫んだ。
    胃袋撮影会を即刻打ち切りたい一心であった。




    結果は・・・



    はい。



    胃炎だね。



    他の何でもなく


    胃炎。


    まあね・・・ところで完治すんのかね?



    カメラを引き上げても、麻酔でまだ痺れて、
    しばらくなにも・・・


    ・・・言えん。





    ・・・・・・・・・・。





    そして口元は、さらによだれでびっしょり☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2010年03月09日

    暑さ寒さもよく分からん

    寒いはずだ。


    気がつくと、
    外はドッバドバと雪が積もってる。


    先日、ちょっと春めいたぢゃん。

    20℃越えみたいなこと言ってたぢゃん。


    なんだったのよ、あれは。



    はぬあっ!


    まっ・・・まさか遊び?!


    遊びだったのね!

    もて遊んだのね!

    ムキーッ!!悔しい!!!
    この泥棒猫め!!!

    春を返してよ!
    あたしの春を返してよぉ!!!


    100309_1037~0001.jpg

    それでも雪による
    交通機関の多少のバタバタなんぞに負けはしない。


    電車移動中に
    『ONE PIECE』の最新巻「巻五十七」を。

    発売日から3、4回くらい読み返したわ。

    雪や寒さとは対極の熱気を放つ最新巻。

    まあ、いよいよ熱い。

    我らが“キャプテン・バギー”が今回も大活躍。

    さすがはロジャーの船にいただけのことはある。
    今回の映像で、更に彼の名が知れ渡った事だろう。



    ・・・おふぅっ!


    まもなく電車が到着!

    雪の中、仕方ない。
    傘もささずに帰るしかない。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

    2010年03月10日

    今井ブラック

    演じ屋以来。

    髪の毛のカラーリング。

    といっても今日は茶色や金色にするわけではない。



    黒である。

    ブラックである。


    そう。


    ポツリポツリとある、あの白い毛を染めるのだっ!

    オッサン万歳!やったぜ!歳だぜ!



    でも知らなかった。

    その染め剤、黒色の種類の多いこと多いこと。
    あって2、3色かと思っていたが、そんなもんじゃない。
    黒は黒でも色々あるわあるわ。


    ならばせっかくだから、
    私は地毛に赤みがあるのでそれに合わせた雰囲気で、
    オリジナルの黒を作ってもらった。


    これが
    2010年「今井ブラックの誕生」である。

    出るよ!学期末出るよ。


    100310_1231~0001.jpg

    懐かしいこの毛染め剤臭とラップ巻。


    放置されている私。

    頭皮のビリビリ感もなく、
    この後がっつり眠りについてしまった。


    寝ぼけ眼でシャンプーをし、また熟睡。
    ドライして目が覚めると終了。


    春眠だね。これが春眠の始まりだね。


    パッと見て、あら?染めてたのは夢?

    そんな第一印象。


    まあ「今井ブラック」なので当たり前だが。

    よく見ると光の当たり具合いと艶やかさで
    やや変化がが・・・ある・・・気がする。

    そんな気だけ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2010年03月11日

    雪の山であり杉の山

    芸能関係のロケで、
    集合場所の定番中の定番。

    ほぼ毎朝、ロケバスが止まっている。


    それが新宿西口、スバルビル前。



    ビル前のまあ暖かいこと。
    暑いくらい。まあ暑い。
    上着を脱いでもまだ汗ばむわぁ。 


    今度こそ本当の“春の到来”であって欲しい。



    さて、ここから我々もロケバスに乗り込み、
    ドラマの撮影現場である、八王子は高尾山麓へと出発。


    新宿→八王子のプチドライブは、
    旅行気分になりそうな自分を抑えるのが大変だ。


    おらあ!そんなんダメだ!


    ワクワク気分を抑えていたら日光の温もりもあいまって、
    車中で爆睡してしまった。


    春眠。やっぱ春眠でね。


    100311_1016~0002.jpg

    トンネルは抜けてないが、そこには一面の銀世界


    山っ!


    川っ!


    ゆた・・・あ!・・・雪っ!

    そして気温低っ!


    100311_1027~0001.jpg


    同じ東京都内でもえらい違いだ。
    これは本当に旅行に来たと錯覚しそ・・・。

    ダメだ!ダメだ!


    衣装に着替えたら、
    気を引き締めて真剣に芝居してきました!


    100311_1627~0001.jpg

    それよりもこれ見てください。
    山での撮影なので、もしや・・・とは思ったが。

    積雪量以上に、何より花粉量が多杉。

    いや、多すぎ!
    あ、多杉でいいや!


    真剣に芝居をしようと試みるわたしとアレルギーの薬を
    まるでバカにするかのような杉の密林


    目に見える黄色い粉!
    花粉飛び交う中の撮影。
    それはまるで花粉の海で泳いでいる気分である。


    あああああ!止まらね!
    くしゃみと震え!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

    2010年03月12日

    強い海の風

    お台場でフジテレビ『ペケ×ポン』の川柳コーナーの撮影。

    今日は湾岸スタジオに集合。

    まさかスタジオでの撮影か?
    勇んで玄関から一階ロビーへ侵入するも、ピピーッ!!そこまで〜。


    湾岸スタジオの目の前の公園が現場でした。
    でも静かで綺麗な公園だこと。



    そして毎日飛びます!飛びます!

    昨日は山、本日は海。

    強い風がびゅんびゅん運びます。
    どこにいてもやっぱり感じる。

    花粉感じる、花粉列島、日本。

    岡田JAPANには落選するも、
    花粉JAPANのメンバーは確定の今井。
    ここ10年以上、レギュラーポジションを譲ったことはない。



    そんな公園内。

    スタッフさん総出で私の“寝ぐせメイク”を作り上げて頂くが、
    海ならではのその強風に悪戦苦闘である。


    もはや寝ぐせだか、強風による乱れだか分からぬ形状で撮影。
    みなさま、お手数をおかけしました。


    芝居も目一杯の強風でやってきたので、
    きっと激しい風香る画が撮れているはずだ。


    100312_1342~0001.jpg


    ところで、
    今井の井は「丼」ではありません。でも丼物は好きです♪

    今丼孝祐
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 芸の道(仕事・告知) | ↑PageTop

    2010年03月13日

    (泣)

    マコトくんは、友人の赤ちゃん。
    生まれて半年の赤ちゃん。


    君はどうしてこんなに泣くのかね?


    私が彼のお宅にお邪魔してから、
    一時も休むことなく、もうずーっと泣いている。


    至れり尽くせりのご機嫌取り作戦を全く寄せ付けない。

    まさか、君をとって食べたりしないよ。

    なのに、この世の終わりが訪れたみたいな・・・


    100313_1954~0002.jpg


    大絶叫。

    ぎぃやああぁぁぁ〜。


    彼は生まれてこの方、
    こんなに泣いた事はないそうだが、

    私だって生まれてこの方、
    こんなに泣かれたことはないぞ。

    100313_1954~0001.jpg

    マコ様め☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2010年03月14日

    しおり

    当然、離れて暮らす弟の元にも「これ」が届いたそうだ。


    100314_1153~0001.jpg

    『旅のしおり』


    ※平成22年の3月だから、“年度呼ばわり”するならば、
    「21年度」ぢゃない?まあどっちでもいいけど。


    日時やコース、宿など、
    旅のスケジュールが記載されている。

    この家の人は、こういうの作るの好きね。本当に。

    作って、発送して、
    じわじわと旅へ向かってテンションを上げてくんだ。



    しかし、
    私は知っている。



    しおり通りに旅行が滞りなく進むなんてことは、


    皆無である。


    それが恒例である。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop

    2010年03月15日

    7つの●

    体には7つの星。


    そんなやつは
    “北斗の男”
    この昆虫くらいだ。


    100315_1342~0002.jpg

    『ナナホシテントウ』


    7つの黒い☆。

    いや黒い●だ。

    こんな間近でテントウムシ見るのは久しぶり。
    なんつって、写真を撮っていたら、
    直後、俺の手に“ひとつの星”を付けて飛んで行った。



    ウ●コという



    ●をひとつ・・・・・。




    俺は「何ホシコウスケ」でしょうか。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2010年03月16日

    時の引き金

    1995年、スーパーファミコンで発売。

    なんと
    「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」のスタッフが手を組むという、
    それはそれは当時としては信じられないような企画。

    そんな「夢のチーム」が作り上げた、今でも名作と名高いRPG。


    100316_1108~0001.jpg

    『クロノ・トリガー』


    この度、ニンテンドーDSでの移植版をプレイ。


    先の入院1週間でまず一周目をクリア。
    その後、つよくてニューゲームで2周目をクリア。


    この“つよくてニューゲーム”こそが『クロノ・トリガー』の醍醐味。


    一周目クリア時のレベルやアイテムを引き継ぎ、
    ストーリーを最初から初められるシステム。


    これで様々な条件でラスボスを倒し、
    何種類ものエンディングを堪能していく。


    思い出し思い出しで、懐かしい。
    そしてやっぱり面白い。

    DS版ならではの追加部分もやり込み甲斐があったし。



    ストーリー、音楽、キャラクター・・・どれも素晴らしいが、
    特に私が好きなのは、その“音楽”。

    どれもシーンに抜群に合っていて名曲ぞろい。
    『クロノ・トリガー』の楽曲は本当に好き。


    発売から15年。

    ストーリーを知ってる自分でも楽しめるし、
    昔を知らずに初めてやるちびっ子などはもっと面白いはず。


    まさに“時”(クロノ)を越えて楽しめる作品。

    “色褪せない”ってこういうのを言うんだろう。きっと。


    未プレイの方。是非おススメ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。