Main 学び舎(勉強・鑑賞) > 飛び降りたらカブトム・・・

2008年06月05日

飛び降りたらカブトム・・・

昨年暮れに通い詰めた、懐かしの「ベニサン・ピット」こと「ベニピ」。


スタジオではなく今日は劇場にて友人の芝居を観劇。


080605_1052~0001.jpg

キティフィルム プロデュース
『飛び降りたらトランポリン』


世間から変わり者扱いされ、幕府に人生を翻弄された
発明家、平賀の運命はいかに。

「今の為でなく、百年先の未来を見据えて生きる」

捉え方は人それぞれだろうが、
自分なりの解釈で心に引っかかった。


あと珍しいカブトムシ。(笑)


音響と照明がとても効果的に感じた。
感心してばかり。浴びたい、鳴らされたいと。


時代背景から劇中では殺陣も見れて勉強になった。

しかしその前に基本的な走ったり跳んだり、
激しい動きはビッシリ体力つけなければできない。
役者さんの運動量が豊富。


最近、会う人会う人から
「体が小さくなった」なんて言われてる場合じゃねえ。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。