Main 秘め事(趣味・娯楽) > 時の引き金

2010年03月16日

時の引き金

1995年、スーパーファミコンで発売。

なんと
「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」のスタッフが手を組むという、
それはそれは当時としては信じられないような企画。

そんな「夢のチーム」が作り上げた、今でも名作と名高いRPG。


100316_1108~0001.jpg

『クロノ・トリガー』


この度、ニンテンドーDSでの移植版をプレイ。


先の入院1週間でまず一周目をクリア。
その後、つよくてニューゲームで2周目をクリア。


この“つよくてニューゲーム”こそが『クロノ・トリガー』の醍醐味。


一周目クリア時のレベルやアイテムを引き継ぎ、
ストーリーを最初から初められるシステム。


これで様々な条件でラスボスを倒し、
何種類ものエンディングを堪能していく。


思い出し思い出しで、懐かしい。
そしてやっぱり面白い。

DS版ならではの追加部分もやり込み甲斐があったし。



ストーリー、音楽、キャラクター・・・どれも素晴らしいが、
特に私が好きなのは、その“音楽”。

どれもシーンに抜群に合っていて名曲ぞろい。
『クロノ・トリガー』の楽曲は本当に好き。


発売から15年。

ストーリーを知ってる自分でも楽しめるし、
昔を知らずに初めてやるちびっ子などはもっと面白いはず。


まさに“時”(クロノ)を越えて楽しめる作品。

“色褪せない”ってこういうのを言うんだろう。きっと。


未プレイの方。是非おススメ。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 秘め事(趣味・娯楽) | ↑PageTop
この記事へのコメント
お疲れ様です。。。当時は話題になりましたね、、、原画が鳥山 あきらさんだし。。。DQ6が落ち着いたらやろうかな?
Posted by 土肥野 智広 at 2010年03月18日 23:16
懐かしいとかいうと年齢がバレますが(笑)
私もやりました!名作ですね♪
Posted by チーズ at 2010年03月19日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。