Main 動く者(運動・観戦) > 衝撃を世界へ

2006年10月02日

衝撃を世界へ

ついに世界へ。

フランス、ロンシャン競馬場。
競馬の最高峰レース『凱旋門賞』

我らが日本代表「ディープインパクト」が参戦。



いつも通りディープのレースをすれば充分勝機はある。
そんな記事をスポーツ新聞でよんだ。


ただ、いつも通りのディープのレース運びではなかった。
いや、させてもらえなかったと言ったほうがよいのか。


らしくない。
好スタートをきるディープ。


いつもなら出遅れたり、出遅れなくとも、
スタート後はゆったり(もたもた)として、
自然に馬群の後ろの方へ下がっていく。

定位置は馬群後方。
どんなに頭数が多くても後方待機。

そしてジワジワ上がっていき
ラストで最大の武器である末脚を爆発させて他馬を抜き去る。

追い込み型の馬。



それがどうしたことか。
今日は、前から2頭目を行くディープ。

それほどスローペースなのか。
ディープは先頭から2頭目を先行して、
抜け出し粘り勝つようなレースは国内ではしてない。

完全に他馬にマークされる位置取りとなった。
道中も行きたがるそぶりをみせたり。


らしくない。
そう思っていた。


らしくないまま直線へ。
手綱は持ったまま、手応えはまだまだ良さそうに見えた。


しかし、武豊ジョッキーのゴーサインにも伸びず。
いつもの爆発的な脚を見せることは無かった。

結果3着

残念だ。勝てると思っていただけに。
残念だが、しかし最高峰のレースで3着は大したもの。
トップクラスの実力であることを証明したんだから。

ディープ、陣営の皆様には、心からお疲れ様と言いたい。



しかしながら世界は広い。
優勝はディープを力でねじ伏せた3歳馬「レイルリンク」。
二着に突っ込んできた、なんと6歳牝馬の「プライド」。

ディープももちろん、もう一度。
そして他の馬達もこれからもどんどん世界に挑戦してほしい。



気になったのが、
中継で解説をしていた岡部幸雄元ジョッキー。
的確なコメント、熱い声援に惚れた。


直線に向いて仕掛けどころに入ると、

「まだ、まだ、まだ!」


後続に交わされそうになってるディープに

「大丈夫!大丈夫!」


まるで自分がディープに跨っているかのような叫び。
本気で勝ってほしかったんだろう。

これには、こちらも胸が熱くなった。

061002_1050~0001.jpg

競馬がまた好きになった。
ディープ、岡部さん、ありがとう。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック URL

コピーボタンはIEのみに対応しています。 他のブラウザからは右クリックでコピーしてください。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。