2008年03月01日

短縮形

和にも洋にも、
おかずにもつまみにも、
生でも焼いても
たとえプリン体が多くても・・・

食べたい。


それが辛子明太子だ。


080301_1953~0001.jpg

先日、私が友人達とコンビニでおにぎりをチョイスしていた時のこと。
辛子明太子おにぎりを手に取り

「よし、俺“からめん”にしよー!」

と言ったら、周りから

「は?」

という声とともにポカンとされた。




私は、すかさず近くに置いてある“サラダスパゲティ”を指差し、

「コレなんて言う?!
“サラスパ”って言うね!“サラスパ”って言うよね!」

と、なぜか激しく詰め寄っていた。

そんな自分がよくわからなかった。
「サラスパ、サラスパ」と聞き返したスピードは尋常ではなかった。



辛子明太子の事を『からめん』と呼んでいるのは自分だけか。
普段は“めんたい”って呼ぶことが多いけど。



あぁ、おにぎりですか?
とても美味しかったですよ。
posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体の素(旨味・料理) | ↑PageTop
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。