Main / 学び舎(勉強・鑑賞)

『 学び舎(勉強・鑑賞) 』 の 記事一覧

  • (10/02/08) B→ON
  • (10/02/05) 阿佐ヶ谷→下北沢
  • (09/12/13) りんご ごりん
  • (09/12/10) 昼間もドル箱
  • (09/12/04) 個性の共演
  • (09/12/01) ストロング
  • (09/11/09) 底なし
  • (09/10/31) 父子
  • (09/10/27) 純・愛
  • (09/10/18) 飲酒見学
  • 2010年02月08日

    B→ON

    仕事終わり、夜から渋谷に急行。

    「渋谷シアターTSUTAYA」
    知り合いにご紹待頂いた映画を鑑賞。


    100208_2053~0001.jpg

    『B→ON』

    不良系肉体派ハードアクション学園ムービー。


    その触れ込みにあるように、
    CGやワイヤーやスタントを一切使わない格闘シーンには脱帽。

    撮影の過酷さと楽しさ、熱がスクリーンから伝わってきた。


    帰りにはヤンキー役の皆さんのお見送りがあり。
    みんな驚くほど好青年。

    12日(金)まで上映だそうです。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2010年02月05日

    阿佐ヶ谷→下北沢

    阿佐ヶ谷にある劇場
    「ザムザ阿佐ヶ谷」の場所はいつまでも忘れない。

    方向音痴の私がすぐに道を覚えた。

    私の好きな劇場のひとつ。



    100205_1330~0001.jpg

    オフィスチャーププロデュース
    『三転倒立』


    ちなみに三点で逆立ちする“三点倒立”。

    昔は出来たんだが今日チャレンジしたら、
    うまく出来なくてショックだった。

    一体私に何があったのでしょうか?



    三人の演出家さんによる三作品のオムニバス劇。


    三本がぶつかり合い転んで、ラストでキッチリ立った。

    私と違い、見事立った。




    →下北沢に移動



    次の劇場は下北沢駅前「OFFOFFシアター」。

    同じ建物内にある「下北沢駅前劇場」と何度となく間違えてしまうのが切ない。


    今からこんなことでは、
    この先一体私はどうなってしまうのでしょうか?


    100205_1655~0001.jpg

    MU
    『ゴージャスな雰囲気/
    めんどくさい人』



    こちらは2本のストーリーである。


    日によってキャストさんが配役を入れ替えてやっているというので
    違う日も観比べてみたいなと思った。



    なんと本日、私は計5つのストーリーを観劇したという事になる。


    当たり前だが真剣に観る。

    真剣に観た分
    頭いっぱいで少々微熱気味。

    自分は頭が良くないので、頭使って熱がでるのである。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年12月13日

    りんご ごりん

    二日酔いで頭少しガンガンしながら、
    無事にワンピースの映画を観た。


    その後



    赤坂見附で赤みっけ。

    赤坂だから赤い劇場。

    「レッドシアター」へ。


    091213_1331~0001.jpg

    劇団道学先生公演

    『リンゴリンゴリンゴ』

    また赤繋がり。

    赤いリンゴが出てくる話。

    東京五輪、日本選手団は赤いブレザー。

    赤繋がり。



    何事も

    参加する事に意義があるのか?



    あると思います。私は。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年12月10日

    昼間もドル箱

    都内でのロケ。

    しかし私は仕事ではない。


    友人が作っているバラエティ番組がある。

    その撮影に1日同行させてもらった。




    撮影は撮影でも映画やドラマとは違う部分が沢山ある。


    スタッフさんのお仕事内容や取り組み方、撮影の進行。


    演者は同じくカメラ前で喋れど、色々な決まりごとや技術の違いが大きい。


    役者をやる人間も、
    こういう事を知っているのと知らないのでは大違い。


    何でもそうだが、
    バラエティー番組は特に「場数」。経験が必要だと思った。


    バラエティー番組にはバラエティー番組の
    苦労や楽しみが沢山ある。


    本当に“現場”というのは勉強になる。

    また勉強をしに行きたい。行かねば。


    091210_1912~0002.jpg

    テレビ東京系、火曜深夜「今夜もドル箱!!」

    パチンコ好きな方も、そうでない方も是非是非ご覧下さい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年12月04日

    個性の共演

    寒い季節も、笑えば温か。

    以前、映画『ソライロ』上映イベントでお世話になりました、
    高田馬場はBABACHOPシアターへ。


    毎月第一金曜日の名物お笑いライブ
    『一金笑イブ』


    まあ、お久しぶり。
    待ちに待った今日この日。


    最近お笑いに飢えていた。


    “お笑い大干ばつ”の今井に潤いをありがとう!
    たっぷり潤い、ジャングルのように密林生い茂りました。


    091204_2141~0002.jpg

    19組の芸人さんの個性。

    個性と個性のぶつかり合い。
    素晴らしき様々な個性よ。


    個性、個性って俺言ったが、個性ってなにかね?


    ライブ途中にある中休み。
    自分の周りに座っているお客さん達に目をやる。


    個性がある。

    ルックスや行動・・・

    あるわあるわ。個性があるわ。


    今、帰宅途中、この記事を書いていても、
    個性ってものがよく分かっていないのだが、
    そして自分の個性もよく分かっていないのだが、
    人間全員に個性があるのは、これ確かだわ。


    特別なものではないのかもしれない。個性。

    個性を見る目が少し変わりそうな気がした。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年12月01日

    ストロング

    見たい。

    久しぶりに
    映画の前売り券ゲット


    ストロング小林。



    そして


    ストロングマシーン。



    からの



    スーパー・ストロングマシーン。



    そんな“ストロング”を受け継いだ(かもしれない)世界。



    091201_0858~0001.jpg

    ONE PIECE
    『STRONG WORLD』


    見たい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年11月09日

    底なし

    今日もまた舞台の稽古を見学させて頂く私は恵まれている。


    以前、その時は演出家としてお世話になった、
    俳優の下平ヒロシさん。

    そのヒロシさんの所属されている劇団

    『東京アンテナコンテナ』

    座長のイジリー岡田さんや芋洗坂係長こと小浦一優さんら、
    出演者皆さんのお芝居を間近で見て凄さを体感。

    もっともっと勉強しなければいけないし、
    あとどれだけ勉強したらいいのだろう・・・底なしだ。


    091109_2012~0002.jpg


    帰り道、歩きながら底なしの泥沼に足を取られるように重くなった。

    アメ横の誘惑にも足を絡まれながら、イカンイカンと走り出す。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年10月31日

    父子

    吉祥寺シアターは、お客さんとしてみても素晴らしい劇場。

    091031_1917~0001.jpg

    劇団印象
    第12回公演

    『父産』


    父親が子どもを産むから父産。そういうお話。


    父親と母親の決定的差は“出産”。


    父親はどうやって親になるのだろうか。


    母親は産むから確実にその瞬間に母親。
    それにひきかえ、父親は親として不確かな存在。


    しかし、父親はいつから親なのだろう?



    先輩の俳優さんで、
    生まれてもうすぐ1年になる子を持つ父親がいらっしゃる。


    偶然この芝居の鑑賞前に電話でお話しした時の話。



    「最近ようやく子どもとの“付き合い方”が少し分かってきた」
    とのこと。


    芝居を見ていてハッとした。
    なるほど、こういうことか。


    父親は子どもとの親子関係を
    出会ってから模索し、そして築いていかなければならないのだ。


    さて


    あなたの父親は本当にあなたの父親だろうか?

    父親の皆さん。

    あなたの子どもは本当にあなたの子どもだろうか?


    父親と子どもの見えない絆。
    つまり“目には見えないへその緒”を確かに感じていきたい。


    私の父親と。
    そして、この先もし生まれてきたら、その時、私の子どもと。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年10月27日

    純・愛

    王子〜王子〜。

    王子〜!王子〜!王子ぃぃ〜!



    こう連呼すれば
    気分は「ミートくん」♪


    [王子小劇場]で公演中の舞台は本日千秋楽。


    091027_1827~0001.jpg

    劇団「ATTENTION, PLEASE!」vol.8
    『JUN AI CODE』


    ゴーギャンの最高傑作といわれる一枚の絵のタイトル。
    [我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか]

    この大きく、重く、果てしない命題を考えてみる。
    シンプルに、そしてストレートに芝居に乗せ客席にぶつけてきた。


    なるほど。


    本来、人間はシンプルにストレートに“生きれ”ばいいのか。


    それなのに現代ではそれが非常に困難。


    なんで困難なのかね。
    なんで困難になってしまったんかね。


    もっと単純に。単に純粋に生きていきたい。



    ほんとうの幸せってなんだかわからないわ。
    幸せってなんだっけ。なんだっけ。

    とりあえず、ポン酢醤油を買ってきて鍋でも食べながら考えてみるといいかも。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2009年10月18日

    飲酒見学

    「劇団印象」さんの稽古場にお邪魔。


    稽古というものは、やるだけでなく、見ても沢山勉強になる。


    見て学ぶ。


    それが見学である。


    ハロウィン的な?(この文化はわかりませんが)差し入れで

    「ウィスキー・ボンボン」をチョイス。


    よくよく考えてみると、


    「脳を活性化する」チョコレート



    「脳を眠らせる」お酒のコンビ。



    あぁ、なんという両刃の剣


    このチョイスは、刺激的過ぎたか・・・。

    刺激と激励のエール。そのお返しに私も刺激を受けてきました。


    091018_1740~0001.jpg

    10月30日から!

    「劇団印象」第12回公演
    『倒産』

    皆様も是非、吉祥寺シアターへ☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。