Main / 学び舎(勉強・鑑賞)

『 学び舎(勉強・鑑賞) 』 の 記事一覧

  • (06/12/27) 松子
  • (06/10/23) 変らぬ夕日
  • (06/10/03) ごちゃまぜ一家・シーズン3
  • (06/07/16) ごちゃまぜ一家・シーズン2
  • (06/07/03) ごちゃまぜ一家
  • (06/05/29) 脳内里帰り
  • (06/05/20) ドイツの喜劇
  • (06/05/12) 猿のニュースキャスター
  • (06/05/11) 百人百色
  • (06/05/03) 自由が丘春の芸術祭2006
  • 2006年12月27日

    松子

    年末映画鑑賞!
    ということで、レンタル♪レンタル♪
    映画館行けや!

    061227_1400~0001.jpg

    以前から興味津々だったこの作品。

    『嫌われ松子の一生』


    主演の中谷美紀さんが監督の厳しさに
    「女優をやめたくなった」とコメントしていたから。
    これは見たいと。


    見て納得。
    命賭けといった鬼気迫る雰囲気が漂っていた。


    原作は読んでいないが、冷静に考えると主人公「松子」の
    ドロッと暗〜いストーリーだと思うのですよ。(笑)


    だって松子可哀想過ぎだから。


    しかし映像がポップでコミカルに描かれていて
    全くそれを感じなかった。

    しかも展開がスピーディーなのであっという間に見てしまった感じ。



    しかし何と豪華な出演者の顔ぶれ。

    芸人さんやミュージシャンなど、
    みなさん個性的なキャラクターで面白かった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年10月23日

    変らぬ夕日

    よかった。

    日本アカデミー賞を総ナメした作品。
    貧しくとも、たくましく、温かい時代が描かれている。

    061023_1256~0001.jpg

    『ALWAYS〜三丁目の夕日』


    ああ、かつてはこんな日本があったのかと、実に羨ましい。
    今の日本ときたら。(笑)

    我々も、古き良きもの、大切なものは次の世代に残しつつ、
    そのうえで新しい未来を作っていかなければ。

    最近観た映画のなかで一番のヒットだった。ジンときた。泣いた。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年10月03日

    ごちゃまぜ一家・シーズン3

    まとめて見ると濃密すぎる。

    『フルハウス』3rdシーズン

    成長する娘たちとは対象に、
    親父達の馬鹿さ加減に更に拍車がかかったような。

    改めて本当に笑えるわフルハウス。
    腹痛い。

    061003_1839~0001.jpg

    今回もキミーさんにノックアウトでした。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年07月16日

    ごちゃまぜ一家・シーズン2

    毎日、暑苦しいので、
    (夏は一体どうなるん?怖えぇ・・・。)
    涼しい部屋でDVDでも観るのがオツ。

    060716_0035~0001.jpg

    知り合いよりお借りできました。

    『フルハウス』2ndシーズン

    なんと言うか、この一家、ホントに最高なんですけど。
    1stから一段と成長した子供達のおませ具合。

    全22話、一気に観ます。
    笑いながら一気に観ます。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年07月03日

    ごちゃまぜ一家

    出会いは学生の時だった。
    今でもテレビで再放送をやっている。

    最近DVDで1stシーズンを鑑賞。

    この感じ・・・懐かしさ・・・最高!


    060702_2034~0002.jpg


    『フルハウス』

    アメリカで1987から8年間続いたテレビドラマ。

    お母さんを亡くした「タナー家」のお父さんと3人の娘、
    そして「お母さんの弟」と「お父さんの親友」。

    「ごちゃまぜ一家」6人が一つ屋根の下で繰り広げるホームドラマ。

    笑えるわ、心温まるわでホント好きだ。



    とにかくキャラクター全員が激しく魅力的。これにつきる。

    あえて1人あげるならば、自分のお気に入りは、
    長女「D・J」の親友の「キミー」と言う女の子。

    「毒」が鋭い笑い突っ込みをくりだし、
    「D・J」以外のタナー家全員から一歩ひかれているのがウケる。

    彼女は、1stシーズンの出番があまり無い。
    「毒」の本領を発揮していく2nd3rd・・・続きが早く見たい。

    しかし、末っ子のミシェルは可愛い過ぎる。



    最近オープニングテーマの
    「Everywhere You Look」という曲が頭から離れない。
    「ジェシー・フレデリック」のギターが格好いいロックナンバー。
    今もパソコンで聴きながら書いている。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年05月29日

    脳内里帰り

    最近めっきり本を読んでない。
    活字離れも甚だしい俺。


    つい先日も、
    巷で流行っている脳年齢をはかるゲームソフトで
    あなたの脳年齢は「60歳」と
    なんと実年齢の倍の老化結果が出てガッカリしたばかりだ。


    それじゃ、やばいべと本を1冊借りて読んでみた。

    俺は連続ドラマ、マンガの連載など次が待ちきれないセッカチさん。

    予想通り、「離れ」が相当進んでいたようで、
    追い込み馬もこぞって焦るような超スローペースではあるが、
    寝る時間も惜しんで1日で全て読みきった。

    060529_1410~0001.jpg


    「東京タワー」

    不思議な本だった。
    読んでいる間、気が付くと、
    もう何度も何度も自分の両親を思い浮かべ、重ねてだして・・・


    そして最後にはもう、
    本来、著者とそのご両親の話なのだが、
    完全に自分の両親の事だけが頭の中を埋め尽くしていた。


    つづく
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年05月20日

    ドイツの喜劇

    先日の主力会イベント「C'sNEXT」で上映した映画、
    『GOLDEN TIME』

    この作品で共演させて頂いた役者、
    「森下了太」くんの舞台を見に行った。


    劇団「‐Line」
    『Lの喜劇』-2006-


    『GOLDEN TIME』の
    通り魔っぷりと違ったコミカルなオッサン役の森下氏。(笑)

    そりゃあ凄くハマってた。

    もちろん他のみなさんも個性的で楽しかった。
    あのテンション好き。

    切ないのに喜劇。
    喜劇なのに切ない。



    ストーリーの舞台はドイツなんだけど、
    本当にドイツっぽく見えるセットだった。
    (ええ、行った事ないからわからんですが…)

    椅子や机など、大道具や小道具。
    その“こだわり”がストーリーにも説得力を与えていた。
    リアリティであればあるほど役者も芝居し易いだろうなと思った。

    060521_0131~0001.jpg

    060521_0032~0002.jpg

    劇のパンフレットにも“こだわり”が。

    CDの歌詞カードの様なデザイン。
    カッコかわいいです☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年05月12日

    猿のニュースキャスター

    自分の中だけで大流行している「顔文字シリーズ」。

    060513_1348~0001.jpg

    (σ・ゝ・)σ
    エクセレンッ!!



    深夜にやってる
    「チンパンニュースチャンネル」というTV番組が
    前からひっそりとお気に入りで。


    ま、観ればすぐに分かるんだけど(笑)
    「チンパンニュースチャンネル」は、
    以前放送していた深夜番組「ワールドダウンタウン」の
    “あのスタイル”を受け継いだ番組。



    キャスターの「ゴメス・チェンバリン」の決め台詞のひとつ、

    \(・ω・)/
    ごもっともー!



    凄くいいです。


    ゴールデンタイムで放送した
    「チンパンニュースチャンネルSP」もう1回観たい☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年05月11日

    百人百色

    劇団『演人全開』の芝居の稽古に参加させて頂いた。

    種類でいうと「ワークショップ」とも言うらしい。
    自分もよくわからないで参加。人生初体験だから。


    自分なりの解釈で言うと、
    役者がみんなで芝居し合って、
    お互い学び合おうという感じ。



    皆さんのお芝居を見てたら、当たり前の事に改めて感動した。

    「役者は個性」って聞いた事あるけど、
    そういうことじゃなく、
    「人間すべて個性そのもの」なんだって。


    自分以外にも色々な劇団の役者さんなど含め、
    全員で15,6人参加されていたんだけど、
    もうみんな違うの。

    顔も身体も声も、その動きも、
    かもし出す雰囲気も、考えてる事も・・・他にも全部。



    お、面白い・・・。



    いや、だから当たり前の事なんだけど、それをもの凄く感じて。
    この世に
    同じ人間は2人いないんだって。

    (ドッペルゲンガーってのは、どこかにいるらしいけど。)

    さらに自分の身近な人達の事、今まで自分が出会ってきた人達の事、
    今まで自分がどこかで見かけてきた人達の事、・・・
    とにかく沢山思い出して。それをイメージしながら自分も芝居をして。


    そうしたら、
    なにこれ!人間ってめちゃくちゃ面白いなあ!色々居すぎ!と、
    ずーっと思ってた。そんなことばっかり思ってた。とても感動してた。


    いや、だから当たり前の事なんだけど。


    今日は、たくさんお宝をゲットしたような満足な気持ちだ。

    060512_0117~0001.jpg

    公民館での稽古で靴下の裏が汚れてた。

    しかしまだまだ。
    もっと真っ黒に汚れるまで、
    いや、擦り切れるまで稽古せねば。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年05月03日

    自由が丘春の芸術祭2006

    おしゃれで落ち着いたたたずまいの街
    自分はちょっピリ違和感をおぼえた街。

    「自由が丘」

    あ、なに、これが「“が丘”スタイル」ってか?


    そんな大人の街がしっくりくる俳優さんといえば、
    『演じ屋』、『駄目ナリ!』で共演させて頂き、
    『ハルキミ』にもご出演のダンディ[伊藤信隆さん]

    伊藤さんが所属する「ラ・リュ ライブ」のお芝居、
    Vol.1『自由の☆星たち』
    を鑑賞。



    感想は・・・


    まだ観れるよ〜!
    俺まだまだ観れるよ〜!つか観たいよ〜!

    と、まあそのくらい、おかわりしたいと思ったの。初めてかも。
    役者さんの芝居がみんな素敵だった。ほんとに。

    その後の想像力をかきたてるストーリーもそうだが、
    続きを観たいと言った理由は、
    もっと芝居を観て色々学びたいと思ったから。
    だから、おかわりしたくなった。

    とても刺激を受けた1時間だった。

    060503_1613~01.jpg

    バーで芝居なんてこれまたダンディ☆右手前☆
    そして、やんちゃな仲間達。(笑)



    今、電車の中でこの記事を書いていて、
    興奮が甦り、降りる駅をアッサリと通り過ぎてしまった。

    なんか、今日はそんなのどーでもいいやって感じ。
    posted by 今井孝祐 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。