Main / 学び舎(勉強・鑑賞)

『 学び舎(勉強・鑑賞) 』 の 記事一覧

  • (06/03/18) 南極にて
  • (06/02/25) 完全プロデュース
  • (06/02/05) チマ・チョゴリとウエディングドレス
  • (05/12/06) 16代大統領
  • (05/12/03) 放牧明けライブ
  • (05/10/30) ご機嫌◎だぞ!!
  • (05/10/08) ギロチンチョーク
  • 2006年03月18日

    南極にて

    23年前、
    親に連れられ映画館へ観に行ったこの映画。

    うっすらと記憶にある。


    それをディズニーがリメイクしたバージョンが本日公開した。



    「南極物語」



    今日は、テレビ放送していたオリジナル版を観て。



    泣いた。

    映像も音楽も美しい作品だった。



    しかしなにより、南極と北極での撮影とはどんな現場なのだろう?
    その過酷さ、想像出来ない。



    そして犬達が次々と死にゆく様。
    あれは一体どうやって撮影されたのか、
    全く分からなかった。
    ホントに分からない。

    人形?



    そんな舞台裏にも、とても興味をひかれた。

    これはメイキングがあるならば絶対見てみたい。

    060319_0051~01.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年02月25日

    完全プロデュース

    「演じ屋」で共演した役者、倉富幸洋くん。

    今日は彼がプロデュースした映画を観てきた。

    060225_1450~01.jpg

    「シティーコーラル」

    このタイトルは、日本人が考案したグリーンとブルーの綺麗なカクテルの名前。
    元バーテンとしてアルバイトをしていた彼らしい。このオシャレさんが。

    田舎から都会に出てきた若者が、持ち合わせた強さと弱さで、
    揺れながらもそれでも現実と向き合っていく。

    淡々とした冷たい映像の中に何か熱いものがあった。


    彼は今回、出演はもちろん、自分で脚本を書いて、
    監督をやって、カメラをまわして・・・

    更に上映期間中は劇場で受け付けもやっていた。


    まさに「倉富幸洋完全プロデュース」!
    これは前代未聞の凄い事だ。


    今回は3部作の第1作目だという。

    なのであと2作・・・
    いや、その先もずっと続けて欲しい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2006年02月05日

    チマ・チョゴリとウエディングドレス

    劇団「演人全開」の第8回公演


    「Bright Morning」

    全開・・・いや前回の「男祭」とはガラリと代わり、
    舞台は結婚披露宴まであと数時間と押し迫った頃、
    余興をすることになっている新郎新婦の友人達の控え室。
    そこで色々な問題が発生し、無事に式をあげられるのか・・・
    というシチュエーションドラマ。


    考えさせられるラストでとてもいい舞台だった。

    舞台暗転が無しでずっと観れたのも良かった。
    集中して観ることが出来るし、こちら側も油断できないし。



    しかし人種問題というのは昔から映画や音楽など
    様々なジャンルで取り上げられるテーマ。

    決して目をそらしてはいけない問題であるし、
    決して忘れてはいけない問題ではあるのだが、
    それをいつまでも取り上げ続けなくてはなはらない世の中というのも
    なんだか悲しい。

    060205_1427~02.jpg

    演人全開のCOOLなチラシと、一緒に舞台鑑賞した俳優の平林鯛一くん。

    彼は痩せているからか、とても寒そうにしていた。

    なのである意味COOLにキメている。(笑)
    posted by 今井孝祐 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2005年12月06日

    16代大統領

    今クールで一番お気に入りのバラエティ番組
    第1回の2時間スペシャルから毎週欠かさず見ている。


    「リンカーン」


    本日もたくさん笑った笑った。

    そして出演者の芸人さんが豪華。よくぞこのメンバーを揃えてくれました。
    みんなホントに面白い。なんでこんなに面白いのか感心しながら見ている。
    ボケとツッコミの勉強にも。

    また来週も楽しみ★

    ↓リンカーン公式HP
    http://www.tbs.co.jp/lincoln05/

    lin.jpg

    番組オープニングのアニメーションがまたかなりお気に入り。
    芸人さんをモデルにしたキャラクターもカッコイイ。ひと目惚れした。
    公式HPでもちょっと見れます。

    更に検索してデザイナーさんのブログを発見。原画、製作過程なども。

    ↓キャラクターデザイン・「中山大輔」氏ブログ
    http://sukedai4c.blog14.fc2.com/

    ↓アニメーション製作・「STUDIO 4℃」HP
    http://www.studio4c.co.jp/
    posted by 今井孝祐 at 23:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2005年12月03日

    放牧明けライブ

    baf.jpg

    「演じ屋」や「駄目ナリ!」などで共演した重城一馬くん。
    彼が所属するお笑いユニット「バフドクロ」のコントライブ


    「放牧明け実績なし0001」


    競馬好きには、このタイトルだけでニヤリとさせられる。
    特に「0001」の部分。
    そんなネーミングセンスが好き★

    今日はこれを見に行ってきた。
    内容を書くなんてナンセンスな事はしない。とにかく見て。見ればわかるさ。


    今井孝祐〈本日の成績〉
    エンザ休養明け叩き一戦目。大笑い→腹筋痛め予後不良。


    バフドクロHP↓
    http://www.bafdocro.com/
    posted by 今井孝祐 at 18:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2005年10月30日

    ご機嫌◎だぞ!!

    役者仲間の吹原幸太くんが、脚本を書き出演もする舞台を観に行った。

    pmc_r.jpg

    劇団「ポップンマッシュルームチキン野郎」
    第4回公演「おい!麗子さんがご機嫌ナナメだぞ!!」

    登場した麗子さんはご機嫌ナナメだったが、観たこっちはご機嫌になれた。



    その「脚本」というか、一言一言の「台詞」がツボだった。



    ベタオシャレ
    オシャレベタ



    いちいちツボだった。




    ナンセンスな台詞が沢山散りばめられており、心をくすぐられた。

    彼の書くワンシチュエーションの話などを是非観てみたい。



    しかし、来場特典のDVDは普段の彼らしく、
    相当シュールだった。

    もちろんいい意味で。(笑)
    posted by 今井孝祐 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2005年10月08日

    ギロチンチョーク

    「みんなー!格闘技は好きかなー?」

    みんな「(大好きー!)」

    「よ〜し!よし!わかった!苦しゅうない!」

    ボクシングやプロレス、K―1、PRIDEなど・・・
    男なら一度はあの四角いジャングルに想いをはせた事があるのでは?
    自分もそのひとり。今でも大好きでよくTVで見る。

    今日はそんな格闘技好きなみんなにピッタリの「劇」を教えてあげよう!


    エンタメ集団「演人全開」コチラ↓
    http://www.tiara.cc/~enjin/

    第7回公演、その名も「ギロチンチョーク」(10日まで上演!)

    そういえば数年前の大晦日、安田忠夫選手がジェロム・レ・バンナ選手から
    この技でギブアップをとったっけ。


    とある「総合格闘技の道場」に関わる人々の人間模様を描いた
    「男の中の男」のストーリー。

    というわけで、あるわけですよ。
    トレーニングシーンや試合のシーンが。

    凄い迫力と気合い!そしてまた気合い!!さらに気合い!!!

    役者さん達が「芝居の練習以上の時間を費やし、格闘の練習をした」と言うのも頷ける。

    劇場中に
    バッシ、バシ!ズドーン!ズビシッ!
    と、ミットやサンドバッグを打つ音が響き渡る・・・・・。


    そして劇の中盤辺りには既に・・・・・






    お、お、俺もやりて・・・・・・(ポッ)
    いや、見てたらそうなるって!しょうがないってば!



    劇の終了後・・・・・

    出演していたお友達の役者さん達にお相手頂き、ミット打ちを初体験させてもらう事に。

    オープンフィンガーグローブを装着しただけで一気にテンションUP!

    そして、狙いを定め、えぐり込む様にして・・・・・打つべし!


    「セイッ!」パフ。


    「ハイッ!」・・・パフン。


    「ワン・ツー!」・・・・・パ、パフッ。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


    つ、次はキ、キ、キックやるかな〜!



    「ッシャー!」・・・パフ。



    「オラー!」・・・・・パフッ。










    「パフッ」て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしゃ亀仙人かっ!!パフパフすなっっ!!!

    enjin-z.jpg

    相手をしてくれた「演人全開」の「足立広紀」くん(左)と「光山文章」くん(右)
    俺は得意技の「肉のカーテン」の構え。(正面には強いが横からの攻撃に弱い)

    最後に俺がミットを持ち、光山君の蹴りを受けた。
    下半身に構えたミットにローキックを受けたはずだった。それなのに・・・







    あのー。脳が揺れたんですけど。
    彼は橋本真也選手の再来かも・・・。
    posted by 今井孝祐 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。