Main / 学び舎(勉強・鑑賞)

『 学び舎(勉強・鑑賞) 』 の 記事一覧

  • (08/12/22) クリスマスReview
  • (08/12/21) 鬼“が”島
  • (08/12/20) 和モノライブ
  • (08/12/16) 白い象と黒い蛇
  • (08/12/07) 歳末ダブルヘッダー
  • (08/12/06) M.J対B.L
  • (08/12/05) 照明さんがいない!
  • (08/11/23) 明日の活力
  • (08/11/09) 珠玉の賛歌
  • (08/11/07) 歌の翼
  • 2008年12月22日

    クリスマスReview

    バッシングの後は縫い跡がウズウズするからまだヒヤヒヤだ。

    無事に指の抜糸を終えるも、
    まーだズキドキする。
    ズッキンドッキンする。
    キュートなヒップにズッキンドッキ・・・。


    さあて!やって来ました彩の国!
    さいたま芸術劇場!


    081222_1252~0001.jpg

    LMK主催
    大学内クリスマスReview
    『サンタの一瞬一生』

    クリスマスにピッタリのミュージカルだった。

    生き物は生まれて死ぬまで全てに意味がある。
    一瞬一生!心配ないさ〜♪
    ジングルベル☆ジングルベル☆


    正直、学生さんってレベルじゃない!
    めちゃくちゃ感動しました!そして夢がある。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月21日

    鬼“が”島

    昨年は横浜まで行ったけれど、
    今年のサッカークラブワールドカップ決勝アンド3位決定戦は録画だ!

    決勝はマンチェスターU対リガ・デ・キト。
    三位決定戦はガンバ対パチューカ。ガンバ頼むよ!帰ったら見るよ!


    そして私は池袋ウエストゲートパークの芸術劇場へ舞台鑑賞。


    081221_1734~0002.jpg

    AND ENDLESS
    『新説・鬼娥島』


    入り口でこのポスターを見たときは、怖くて怯んだ。
    ホラーっぽいんだもん。一瞬帰ろうとしたがな。(笑)

    日本人ならば誰もが知ってる「桃太郎」をモチーフにしたシリアスなストーリーを
    エンターテイメントステージとしてダンスや殺陣を照明や音楽が派手に色づける。

    和風でいて異国情緒あり、時代背景もどこか曖昧な、“独特の空間”が面白かった。





    帰りにふらっとバーに立ち寄ったら、店内正面の大型ハイビジョンテレビ。



    だめじゃん・・・スポーツバーに入ったら。



    いきなりマンチェスターUの優勝セレモニー!!!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月20日

    和モノライブ

    この時期、電車内の暖房の暑さは異常。
    「汗ばむわ〜」

    中野区は野方。
    こちらの区民ホールはなんと地下にある。


    081220_1642~0002.jpg

    和モノライブ
    『おちゃかい』其ノ弐


    和太鼓、落語、阿波踊り、日舞、剣舞、殺陣。

    日本が誇る伝統芸を味わえる和芸祭である。

    081220_1704~0002.jpg


    ロビーには和モノの展示物がたくさん。


    081220_1708~0001.jpg

    ほんと「“和む”わ〜」
    “和”だけに。


    出演者の方から殺陣を習っているのだが、
    このステージに立てるくらいにいつかは上達したいものだ。

    落語や太鼓、日舞なども、
    出来ることなら全部身に付けたい。



    好奇心だけは相変わらず旺盛。

    和だけじゃない、
    アニメや映画などの吹き替え、
    歌や楽器、ロックバンド、あとフルマラソン。
    そしてやっぱり映画を作りたい。


    やりたいことがいっぱい有りすぎる。
    焦ってる訳ではないが早くやりたい。

    生きているうちに何でもやっておかないと。
    いつ死ぬかわからないから。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月16日

    白い象と黒い蛇

    以前出演した映画
    『シティーコーラル』の脚本・監督で役者仲間の倉富幸洋くん。

    そして来年上映予定の映画『ソライロ』の脚本・監督をした雨宮実監督。
    お2人が作った映画。


    081216_1106~0002.jpg

    『白い象と黒い蛇』

    こちらが只今インターネットで観ることが出来ます。
    しかも無料ときたもんだから!観るしかないっ!

    作品は4分割に分かれており、
    それぞれ順番にパソコンで観て頂けます。


    白いアフリカゾウも黒いガラガラヘビも今井孝祐も出演していませんが、(笑)
    『ソライロ』で共演させて頂いた役者さん、
    福田武史さんと宮田愛理さんがご出演しております。

    ネットに繋がったパソコンさえあればOK。
    ネットりとした、シュールで独特の世界がある面白い作品です。
    是非ともご覧になってみて下さいネッ!と。


    『白い象と黒い蛇』公式サイト→コチラ
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月07日

    歳末ダブルヘッダー

    3日連続で歳末・舞台鑑賞。
    しかもダブルヘッダーです。


    081207_1425~0001.jpg

    B殿様ランチ
    『もっと見る』

    新宿はサンモールスタジオという初上陸の劇場。
    そのまま、新宿シアターサンモールの隣にあるスタジオ。

    シアターサンモールも行った事ないけど。


    1人の作家が病気で亡くなるまでの本人と身の回りの話。

    明日にも今日にも死ぬかもしれない。
    ついつい見落としたり、目を背けたりしがちだけど。
    いつでも無意識なくらいに意識しているべき。

    死んで後悔しても遅いから。
    いや死んだら後悔も出来ずに後悔するかも。
    だからそれも出来ないって。


    さあ歳末舞台鑑賞後半戦。

    081207_0828~0002.jpg

    Cカカフカカ企画♯20
    『週刊少年カカフカカ』

    日曜日の新宿の街を南から北上(?)し、
    新宿シアターモリエールへ。


    私のように漫画が、
    とくに“週刊少年ジャン●”が好きな人には、
    それはそれはタマらないであろうパク●・・・


    あ、いえ・・・その・・・
    “オマージュ”の連続。(笑)


    “少年ジャ●プ”はまだしも、
    少年漫画設定で“サ●エさん”出てきたりと疑問だが、
    少年らしい勇気と、友情の叫びでそんな些細な疑問は一蹴だ。

    何より、アドリブもありありで、
    やっているキャストのみなさんがとても楽しそうで、
    それが凄く伝わってきて良かった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月06日

    M.J対B.L

    またまた歳末・舞台鑑賞。


    081206_2103~0002.jpg

    A東京バンビ第13回公演
    『マイケルジャクソンVSブルースリー』


    すげータイトル。

    VSってことは・・・

    え!戦うの?
    この2人が?





    ・・・・・。






    本当に戦っていました。(爆笑)



    小ネタがジャストすぎるわ。
    ほとんど気がついちゃって、もうやんなっちゃう。(笑)


    チラシを見ると作・演出が同い年の方。
    なるほど納得。世代世代。

    正直、この秋一番笑った。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年12月05日

    照明さんがいない!

    歳末・舞台鑑賞。


    081205_0829~0002.jpg

    @地球割project 第七回公演
    『玉青の行方』

    向かったのは、私も昨年夏にお世話になりました、
    渋谷「Gallery LE DECO」(ギャラリー・ル・デコ)


    ギャラリーにはアート。
    この小さな箱をふんだんに生かした、ならではの一風変わった演出が。


    上演中に、舞台の照明は全く使われない。

    をいをい!
    それぢゃあ、真っ黒くろすけ出ておいでぢゃないか!


    いえ、光はあるのです。
    役者さんが手したLEDライト。(ノーベル賞もんの光)

    そのライトだけで真っ黒くろすけなステージを灯す。

    暗闇に聞こえる音とわずかな光。
    写真撮れないのが非常に残念!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年11月23日

    明日の活力

    今日は久しぶりの休日。
    そしてカラッと天気もよし。

    こんなおめでたい日は、芝居とお笑いのダブルヘッダー敢行しますぜ。


    @
    まずは落合は落合でも下落合へ。

    081123_1543~0001.jpg

    劇団くりびつてんぎょう・第3回公演
    『誠!century』

    ちょっと懐かしい「アイドル親衛隊」の話。
    アイドルユニット達も勿論ではあるのだが、
    何がって、ハッピ着たオヤジ達が応援する姿に萌えた。

    あのアイドル応援時のアキバ系振り付け。
    (両手人差し指を上に向け上半身を左右に振るようなアレ)
    の切れ味は相当な稽古が必要なはずだ。
    アイドルを思えば思うほど、スピードは更に加速してゆく。


    “応援”っていいわ。
    自分の為じゃなく、
    大切な人の為の行為。

    それが“応援”。
    俺、“応援”好きだ。




    A
    さ〜て!気がつけば朝から飲まず食わずのまま(飲んで食えよ)、夜は渋谷へ急行。

    早くもクリスマス気分な渋谷の街並みに萎えつつ(笑)、
    お笑いライブハウス「シアターD」へ。

    『8期地獄王決定戦』

    ご本人達曰く、谷間の世代、第8期!(笑)
    そんな吉本興業・東京NSCの8期生のライブ。

    8期生の皆さんの色々な地獄(これはいい意味ですよ!)を
    これでもかと見せつけられた。
    地獄の入り口から激走、思いっ切り地獄めぐり。ためらいはない。
    まさに地獄。腹筋鍛えさせてもらった。

    劇場出た後も、暫く笑っていたから。思い出し笑い。
    連休の中日らしい渋谷の賑々しさも気にならなくなっていたし。
    なんてまあ地獄だこと。


    芝居でもお笑いでも、友人達の頑張りってのは、明日の活力!
    何かとおめでたい久しぶりの休日は、もうお腹いっぱいになった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年11月09日

    珠玉の賛歌

    小雨パラつく中、
    下北沢OFFOFFシアターは駅前で嬉しい限り。


    081109_1959~0001.jpg

    女王陛下プロデュース
    『SHOW BOOT』

    芝居かと思いきや、
    タイトルにもある通りショーであった。


    オアシズの光浦さんと大久保さんのお2人が主演であれば、
    もちろん笑う準備はしていたわけですが、
    ミドリちゃん(さん?)、大地さん、福田さん。

    キャストの皆さんの個性が強烈・・・
    というか“きょふれつ”でした。


    その予想以上に笑かして頂いたこと、
    プラス
    予備知識無しで、まさかの『ミュージカル』に衝撃・・・
    というか笑劇を受けました。

    そしてそのミュージカル具合が本気で・・・本意気で。


    あれだけ真剣・・・と書いて“ガチ”ならば、
    このお姉様方に誰もかなうまい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年11月07日

    歌の翼

    赤坂見附駅から激近にもかかわらず、
    めちゃくちゃ迷った。(多分半べそかいていたと思う)

    どこにも見つからなかった。

    地下2階だから地上からは見えないんだもん。

    地上から上が“ホテル”だとは誰も思わないよ。
    まだ出来て間もない新築の匂いする劇場、「赤坂RED THEATER」。
    赤坂のレッドシアターてことは、“赤坂赤劇場”だ。


    新宿芸能社 第12回公演
    『歌の翼にキミを乗せ』


    終戦間近い日本。
    テニアン島に駐在した日本海軍と現地住人の話。
    時代は違えど、若者たちの青春は燃えている。

    今日の舞台を見るまで知らなかったのだが、
    テニアン島とは広島と長崎に原爆を落とした飛行機が出発した島だそう。

    なにより大切で
    なにより強いのは
    人の心。


    それは昔も今も、
    そしてこれからも変わらないだろう。


    081107_1802~0001.jpg


    生まれて初めて見たのだが
    お芝居本編の終了後、次回公演の“予告”というのがあった。

    さっきまで出演していたキャストさん達が予告編をライブで演じるのだが。

    これが個人的にかなりツボった。
    その内容、画期的だった。
    次回は是非この“予告通りの画期的作品”を見てみたい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。