Main / 学び舎(勉強・鑑賞)

『 学び舎(勉強・鑑賞) 』 の 記事一覧

  • (08/11/01) Kの嵐
  • (08/10/24) 学生館トリオ
  • (08/10/21) 終わり=始まり
  • (08/10/10) 読んだことないが臨場感
  • (08/09/26) コラーボ♪へ向け
  • (08/09/25) カラマル・カラメル・カラミル
  • (08/09/20) 『ココロ ノ カケラ』
  • (08/09/09) 20th Century Boy
  • (08/09/06) 虫×2
  • (08/09/01) 神保町の夜
  • 2008年11月01日

    Kの嵐

    夜は新宿シアターブラッツへ舞台。
    その前に行きたかったラーメン屋は、
    スープが終わっていて終了。もう何度も食べ損ねているよ・・・。


    081101_1831~0001.jpg

    初級教室公演 vol.1

    『恋愛研究所』〜LOVE SICK.LABORATORY〜


    名前からもわかるが、恋と愛。恋愛。
    先祖代々、脈々と運命的に結ばれるという、
    がっつりの本格的ラブストーリー。

    原始時代、戦国時代、現代など、
    時を越えてストーリーが紐解かれ、
    人々が交わっていく(いやらしい意味ではない)のは心地よい。


    そして驚きだった。
    私が今まで見た芝居の中でかつてないキッスの嵐。

    役者さんの心中やいかに。いやいや、さすがである。


    べ、別に!オイラは羨ましくないんだからねっ!!!
    (だからいやらしい意味とかはない)
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年10月24日

    学生館トリオ

    081024_2240~0002.jpg

    何者なのだ?

    仲良しなのか?

    仲悪いのか?

    この3人は。



    ただ者じゃあございません。


    でも、ただの人間でもありそうで。


    稽古をするたびに
    この3人が好きになる自分がいる。


    会いたいのだが、
    会えるわけがない。

    でも

    なんか会えそうな錯覚も少し感じていたりする。


    凡人な私に出来ることは、

    彼らを好きになることだけ。

    今はそれだけ。


    来月の舞台
    『ロルカとダリとブニュエルと』詳細→コチラ

    そうです。この3人の物語です。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年10月21日

    終わり=始まり

    池袋の劇場「シアターグリーン」。
    お世話になったあの冬から、もうすぐ1年は早い。
    早すぎてちょっと引くわ。

    081021_1906~0001.jpg

    ホチキスvol.22
    『おわりのいろは』

    バラバラになってしまった家族の・・・
    いや、それでもバラバラじゃない話。

    家族の話は好き。

    自称、家族愛に満ち溢れている私。
    でもまだまだ溢れ足りないな・・・と。


    オマケ

    開演の直前、
    携帯電話のマナーや飲食禁止等の
    前説の放送が流れたのだが、
    日本語のあとにそこでなぜか・・・


    中国語で流れた。


    めっちゃワロた。
    中国まったく関係ねえ。(笑)
    英語やフランス語も流れればまだしも、中国語のみ。


    聞いても訳わからないし。
    実は、全く関係ない事を言っていたりして。
    いやそもそも中国語かどうかも定かではない。

    一人で笑っていた。
    何故、周りのお客さんが笑わないのか。
    不思議でしょうがなかった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年10月10日

    読んだことないが臨場感

    初めてじゃないのに新宿御苑周辺を迷いまくりまくりすてぃ。
    汗だくでシアターブラッツへ。


    081010_2338~0001.jpg

    劇団「u.o.i.a.e.」
    『エミリア』不幸に仕えた女
    〜知らぬは白か、それとも黒か〜

    読んだことないが。
    シェイクスピアの悲劇「オセロー」だ。

    あれをアレンジしたお芝居だ。
    読んだことないが。

    劇場に入ると、向こう正面にもお客様がいてマジびびった。
    一瞬、大きな鏡にこちらの客席が映ってるのかと思った。

    どういうことかと言いますと、
    ステージが場内中央にあり、それを客席が両脇を挟んでいる。
    だから座る席によって見え方がまるで違う面白さ。

    あと面白いのが、BGMや効果音が生演奏なの。
    これは臨場感があった。芝居も音楽も本当の“ライブ”。


    次回の自分のステージも、こんな臨場感や緊張感を伝えられたら。(グッ)←握りこぶし
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月26日

    コラーボ♪へ向け

    小雨に打たれつつ表参道を闊歩。

    表参道ヒルズがある辺りはね。さすが流行の地。
    ヒルズ族が多く、なかなかどうして歩きづらい。

    アーティスト集団『MCM』presents Live

    ジャンル問わず、様々な音楽が聞けるのがいい。
    生まれて初めて、生でバリトン(オペラ歌手の歌)聴いたり、
    エレキギターのうねりにのったり、
    ラップにチェケラッチョやられたり。

    お酒と音楽でしっかり酔っぱらってしもた。


    080926_1942~0002.jpg


    さぁて、11月の本公演で私はこちらの『MCM』の皆さんの音楽とコラーボ♪
    SAY!コラーボ♪コラーボ♪
    というわけで、芝居をやらせて頂くことになりました。

    『MCM』の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

    そして、ご来場の皆様には素敵なLIVE(芝居)をお見せ出来るよう、
    来週から稽古に励んできますゆえに!どうぞお楽しみに!

    詳細は追って発表します。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月25日

    カラマル・カラメル・カラミル

    劇場ではなく、カフェやBARなどでの芝居が最近増えてきています。
    本日は歌舞伎町のアジアンテイストなBAR[BE-WAVE]にてお酒「スミノフ」を片手に観劇。

    オッセルズ#4
    『絡まり合って、カラメル。』

    客入れ中、店内にはストーンズのデッカレコード時代のナンバーが流れており、
    私はご機嫌でほろ酔いに。
    開演前ですが、早くも「スミノフ」2本目いきましたっ。(オイっ!)


    台本は会話劇で「漫画ネタ」が随所にちばめられ、
    BARには少し子供っぽかったかもしれないが、漫画好きな私は笑わせられた。

    ふらっと立ち寄っても気軽に楽しめる。そんな芝居はとても近くに存在しており心地よい。
    心地よいのは、心地よさをちゃんと意識していたから。

    平日の夜、仕事帰りにお酒とお芝居。

    オツだ。

    080925_1959~0002.jpg

    BARでバンドが演奏するように、
    BARで芝居をやっても、これもいいものだ。
    BARの写真取り忘れたワシのバカ!馬鹿!BARか!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月20日

    『ココロ ノ カケラ』

    久しぶりのミュージカル鑑賞。
    こちらのオブジェでもおなじみ。渋谷・青山劇場。


    080920_1224~0003.jpg

    avex JUKEBOX MUSICAL
    『ココロ ノ カケラ』

    入場し開演前までもずっと興味深いのが楽曲。

    avexさんの20年間を詰め込んだ記念ミュージカル。
    代表する楽曲が芝居と融合し、その名の通り「ジュークボックス」のように次々と流れる。


    主演であるTRFのYU-KIさんが体調不良の為、
    急遽降板したということだった。

    座長の鈴木亜美さん他、出演者のみなさん。
    きっと相当に大変であっただろうというのは想像できる。
    しかし、そういったアクシデントを乗り越えて幕を開けたのはそれだけでも流石だと思う。
    それこそエンターテイメントだ。


    自分が知っている曲が沢山聴けて楽しかったと同時に、
    その知ってる曲数の多さに驚いた。ほとんど口ずさめたから。
    もちろん自分の場合は最近のより懐かしい曲メインで!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月09日

    20th Century Boy

    久しぶりに劇場へ映画鑑賞。
    新宿のシネコンは高級ホテルのように煌びやか。

    080909_1353~0001.jpg

    『20世紀少年』

    噂には聞いていたが、信じられないようなキャストの顔ぶれ。
    知らない人は出てこない。

    今回は3部作の1部。
    まずは2部、3部まで観ないと。


    原作を漫画喫茶で読んでかなり時が経っていたので、
    鑑賞しながらストーリーを思い出す。

    映画オリジナルの設定もあり、
    記憶と混ざり合って今井オリジナル。

    原作を読み返したくなり本屋へGO!


    ・・・無い。

    新宿、渋谷、池袋・・・無い。


    1巻からの序盤が都内では売り切れ店続出みたいだ。


    20th century toy,
    I wanna read your book!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月06日

    虫×2

    今日は観劇ダブルヘッダー。
    映画でも芝居でも試合でも、苦手なダブルヘッダー。
    やむを得ずダブルヘッダー。


    昼の部は先月の[赤フン]稽古で大変お世話になった街。
    私的に住みたい街ランキングで常に上位に位置する街。
    高円寺へ。

    080906_1344~0002.jpg

    劇団・青果鹿
    『かまどの虫』

    バッタみたいなデカい虫。
    かまどの虫、「カマドウマ」という虫に対するイメージが変わった。
    いや元々いいイメージはなかったが、これはますます気持ち悪い。

    上の写真にもある「かまどの神様」のお面はTシャツにしたらどうだろう。



    さて次の芝居まで何しよかと新宿へ。


    080906_1703~0001.jpg

    緑に囲まれて涼もうか。
    そう思って、ぶらりと訪れた『新宿御苑』
    ここか。ここが御苑か。御苑初めて来た。



    ・・・16:30閉館・・・今17:00・・・

    ぎょえーん!
    おう!ぎょえーん!





    ・・・さて・・・夜の部

    御苑に敗れてぶらっとしていたら男性に声をかけられる街、新宿二丁目。
    しかも2回も声をかけられる街である。

    080906_1750~0001.jpg

    劇団印象
    『枕闇』


    本ばかり読んでいる虫、いや人。

    「本の虫」という虫に対するイメージが変わった。
    どちらかと言えばいいイメージだったけど、読み過ぎもどうかと思った。



    内容はもちろんではあるが、どちらの作品も舞台のセットや美術品。
    素晴らしかった。それぞれの作風に合っていた粋なセットだった。


    そして偶然、どちらも“虫”が出てくる芝居だった。


    そういえば今年の夏もカブト虫は捕まえられなかったなぁ。



    来年こそ・・・



    ヘラクレス・・・ぐっ!(小橋の握り拳)
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop

    2008年09月01日

    神保町の夜

    本の街、神保町。
    ここに見た目からスタイリッシュな物件が。
    それが「神保町花月」

    夜の花月は、吉本興業若手芸人さんによるお芝居。
    もちろん芸人さんがやるのだから“お笑い芝居”だ。

    平日は、月曜日の夜だというのに、
    しかも9月1日で始業式を終えたばかりと思しき学生さんでいっぱい。

    080901_1813~0001.jpg

    神保町花月・チャレンジ2DAYS
    『イン ザ ダーク』

    台風で突然停電した学生寮の住人達のお話。

    各コンビのみなさんの長編コラボコントみたいな。
    ファンにはたまらないだろう。あぁー声出して笑いました。

    声、顔、動き・・・。
    それぞれにキャラクターがピタッと合っているよう。

    やっぱり大切なのはそこに存在するキャラクター。
    空気というかオーラというか、すべてを含めて個性というのか、
    自分でもよく分からないんですけど。

    人を惹きつけるのはそういうものなのかなって。
    しゃべってない時もついつい目で見ちゃう人っているものね。


    それから分かっていたけど、
    繰り返し同じネタで攻め続ける、いわゆる“テンドン”。

    俺本当に好きだわテンドンが・・・ガチで。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び舎(勉強・鑑賞) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。