Main / 蒼き侍(蹴球・足猿)

『 蒼き侍(蹴球・足猿) 』 の 記事一覧

  • (05/11/05) フットサル・コンディション
  • (05/10/13) サッカーと悲劇
  • (05/09/20) スイートイヤーズ
  • 2005年11月05日

    フットサル・コンディション

    来たる、来週の為に作る。

    「コンディション」

    何とかの秋!スポーツの秋!とはよくぞ言ってくれました!
    いよいよ「主力会フットサル大会」が決定した。

    なあに、俺なら準備期間は・・・そうさね、3日もあれば十分さね。
    (さあ!今日も前フリが始まったよ!)



    まずは
    @「イメージトレーニング」

    2005Jリーグ ヤマザキナビスコカップ決勝戦 TV観戦

    「ジェフユナイテッド市原・千葉」VS「ガンバ大阪」

    ジェフは知ってたけど、ガンバもそうだとは知らなかったー。
    今日の試合は、Jリーグ発足元年から加盟している2チーム、
    どちらが勝っても初のタイトル獲得という試合。

    決勝らしく熱い試合だった。お互い相手のいいところを潰し合う試合展開。
    0−0でも面白かった。で、延長戦、そしてPK戦へ・・・。


    5−4でジェフユナイテッドの勝利!おめでとう!


    俺の大好きな元ジェフの「リティ」
    【リトバルスキー(現シドニーFC監督)】も喜んでるよ!


    ロッテといい、ジェフといい、
    今年は千葉がきてるな。なんだか、きまくりやがってますな。





    A「実践トレーニング」

    早速、しかし基礎からスタートゥ!
    ランニング行きまーす!(「たま」のランニングではない)

    その前に準備運動をしっかり。これを怠ると痛い目にあう。





    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





    あれ?





    もう





    息が




    ハアハア言ってるよ?
    (いっこく堂の衛星中継風に読んでね。)



    準備運動が“たたり”(そこで“たたって”どうする!)
    結局、数キロ・・・・・ほんの数キロしか走っとらん・・・。

    run.jpg

    ギブ寸前っす・・・マジで・・・。

    フッ・・・大会が楽しみだぜ。いろんな意味でね・・・・・。
    posted by 今井孝祐 at 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼き侍(蹴球・足猿) | ↑PageTop

    2005年10月13日

    サッカーと悲劇

    来年開催される
    「FIFAワールドカップ/ドイツ大会2006」

    みなさんもご存知の通り、日本はアジア予選を突破し、
    世界で一番最初に本大会に名乗りを上げた。(開催国ドイツを除く)

    万歳〜!来年の熱い夏をありがとう!!

    【昨夜のウクライナ戦は・・・・・もっとやれたよ〜〜〜!!(泣)】



    世界の各地域でも予選リーグが終了。続々と出場国が決まり、
    残すはプレーオフに挑む地域のみとなり、ますます熱を帯びている真っ最中!


    サッカー最大のお祭りであり、平和の祭典とも言われてるワールドカップ。
    世界中のサッカーを愛する人々の夢や想いを叶える大舞台。
    それゆえ優勝はもちろんの事、出場するだけでも大変難しい。
    (今回出場できるのは32カ国)


    そしてワールドカップが他のサッカー大会と違い特別な大会である一番大きな理由。


    自分達の国や地域、民族の誇りを賭ける戦いであるという所。
    その想いが強すぎるあまり、時に間違ったベクトルに人々が行動する事も。


    戦争、殺人、暴動、人種差別・・・・・


    過去にはサッカーが原因となった数々の悲しい出来事が起きている。




    そして今回も
    人は同じ過ちを繰り返す・・・まったく。
    (byアムロ・レイ)



    アフリカ予選「カメルーン代表対エジプト代表」

    「アフリカのライオン」カメルーン
    2004年「中津江村」に来たカメルーン

    この試合に勝てばそのまま文句なし、
    もし引き分けでも他会場の結果次第で本大会出場が決定する順位だった。

    しかし、試合中に他会場の途中結果が入り、勝たなくてはならない大ピンチに。
    それがなんと!1−1で迎えた後半ロスタイムにPKという大チャンスを得たカメルーン。
    決めればほぼ「99%」出場が決定するという物凄いドラマティックな状況。
    そしてキッカーであるウォメ選手の蹴ったボールは、

    ゴールポストに当たり枠を外れた。

    こうしてカメルーンの5大会連続ワールドカップ出場の夢は破れた。





    その後、事件は報道された。


    ウォメ選手の自宅、車、夫人の経営するお店などが、
    同国カメルーンの暴徒らによって略奪、破壊されてしまった。
    幸い、警察により身柄は無事保護されたらしいけど。



    だからそれはイカンべよ!

    一番辛いのウォメ選手だから!

    みんな精一杯戦ってきたんだから!

    もしかしたら応援が足りなかったのかもしれないじゃん!



    日本もドーハでロスタイムの悲劇を経験してるからすごく気持ちはわかる。
    (夜中に部屋で半ベソかきつつゴロゴロ転がって暴れてたし。俺。)

    でもこれは駄目!絶対!

    次回の大会で必ずやカメルーンが出場権を獲得し復活することを祈る。強いから。

    そして来年のW杯。決してこういった悲しい事件が起きないことを祈る。


    toto-m.jpg

    これは、とあるサッカー雑誌の表紙。


    「イタリア代表時代の俺」懐かしい。
    選手として、もっとも油ののった全盛期の写真。


    「ルーデンス」という名前のコンビニでのみ限定販売されていた。
    ドラマ「駄目ナリ!」の映像で自分は確認することができなかったが、
    確かに雑誌コーナーに並んでいた。

    この号は、世界を代表するFWの名選手達がズラリと掲載された為か、
    2004年の年間サッカー誌売り上げNO.1に輝いたらしい。
    posted by 今井孝祐 at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蒼き侍(蹴球・足猿) | ↑PageTop

    2005年09月20日

    スイートイヤーズ

    イタリアのプロサッカーリーグ「セリエA」で活躍している2人
    俺の大好きな「ACミラン」のマルディーニ選手とビエリ選手が
    チャリティーを目的に立ち上げたアパレルブランド

    「SWEET YEARS」

    彼らがゴールした時のパフォーマンスで、ユニフォームを脱いだ際、
    アンダーシャツとして着ているハートマークのTシャツで有名だ。

    ファッションに「うとい」俺も、これには以前から注目!サッカー大好きだから☆

    サッカーが関係なきゃイタリィのブランドなんて絶対知らんよ!俺!


    着たいなーと思ってた。どこに売ってんのかな?って。

    街で女性が着ているのは、何度か見かけたことがあった。
    けど男性が着ているのは、昨日初めて生で見た!


    大阪在住の高村氏と新宿で再会。
    小学校からの付き合いで、
    「演じ屋」「駄目ナリ!」の大阪イベントでも毎回時間を作ってくれた。
    (また絶対、大阪や もっといろんな土地でイベントやるぞ!)

    少年野球のチームメイトでもあった彼と俺は
    今はどちらかと言うと、だいぶサッカーに心酔している。

    監督の「ケツバット」が、どこか自分達の気づかない心の奥で
    トラウマにでもなっているのだろうか。(笑)


    sweetyears.jpg

    完全に!完全に!俺が食いつくのを確信した上で着てきた高村氏。

    ああ、食いついたね。俺。
    ルアーに食いつくブラックバスの如くパクッとね。

    へぇ〜、あっそう!「BEAMS」で買えるんだ!「BEAMS」ね!



    ・・・・・まずは「BEAMS」を探さなきゃ・・・・・(笑)



    「SWEET YEARS」に続き、またまたビエリのブランド。
    「BACI&ABBRACCI」ってのもあります。

    ビエリ!店出すのもいいけど、ミランに来たからにはもっとゴールを見せてくれー!!
    posted by 今井孝祐 at 20:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 蒼き侍(蹴球・足猿) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。