Main / 生き様(日々・日常)

『 生き様(日々・日常) 』 の 記事一覧

  • (09/06/22) 禁煙化成功
  • (09/06/20) カン肉マン
  • (09/06/02) 箱の数
  • (09/05/24) アニ“バーサン”リー
  • (09/05/20) マスク不足
  • (09/05/17) 客車でGO
  • (09/05/10) 貸切サウナ
  • (09/05/07) 骨数
  • (09/05/06) 薄底サンダル
  • (09/05/04) スニーカー・ブルース
  • 2009年06月22日

    禁煙化成功

    忘れもしない、2008年の6月13日。


    理由は、色々とあるけど
    “めんどくさい”と思ったから。


    手元の一本を最後に、
    10年以上習慣づいていた煙草をストップした。


    そんな今井孝祐禁煙化から1年経った。


    一本も吸わずに1年経った。

    意外とあっという間だった。


    きっともう吸わないだろう。
    芝居での役以外では。


    090622_1630~0001.jpg

    押し入れからライターがどっさり出てきた。
    いつの間にやらこんなに溜まってていたんだなあ。
    こんなにライター・・・。なにを燃やそうか・・・。


    これは、そうだ。


    アウトドアでバーベキューの火をおこそう。BBQの炭火を。
    マキ割りもしてキャンプファイヤーもしよう。



    ・・・こんなにライター・・・。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年06月20日

    カン肉マン

    ダメや。


    090620_1521~0001.jpg


    キン肉マンのフィギュアが・・・



    全然出ねぇ。



    自販機でたまに出るらしいんだ。(当たった事ないので疑心暗鬼)
    フィギュア付きの「当たりコーヒー」が。



    コーヒーあんまり飲めないのに。
    フィギュア狙って購入購入。


    090619_0851~0001.jpg

    このままだとフィギュアではなくコーヒーの缶を部屋に飾ることになるぞ!俺!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年06月02日

    箱の数

    090601_0759~0001.jpg


    一見気づかなかった。



    ここまで書いてやっと違和感に気がついた。



    090601_0759~0002.jpg


    箱が・・・・・足りない。


    というか、何故いまウチにこの封筒があるのかが謎。


    七桁になってもう何年も経っているだろうに。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月24日

    アニ“バーサン”リー

    早いもので、ばあちゃんの一周忌なのでした。

    実家のある千葉では、朝からしとしと雨降り。

    午後になると止んだのだが、只今全てを終え、都内に向け帰宅中の電車の窓ガラスを、雨が打ちつける。雨雲ついて来んなや〜。



    一周忌というイベントについては詳しくは知らなかった。

    親族一同でお寺へ行き、ご住職よりお経を唱えて頂き、いよいよ一周忌が始ま・・・・・


    それが一周忌であり、あっという間に終わった。
    様々あるのだろうが、一周忌は驚くほどシンプルだった。

    一周忌にどれだけのボリュームを期待してんだ自分。



    さ、めでたい日です。みんなで献杯。昼ご飯を食べよう。

    「釜飯と言ったらここ!」
    「近所で釜飯食べれるとこはここしか知らないよ!」

    そんな“釜飯がウリのお店”を予約していた。


    コースになっており、様々な料理が次々と運ばれてくるも、
    なかなかどうして目の前にある“釜を熱する燃料”には火が点火されない。


    刺身や肉や天ぷらがあるのだから、
    みんな「ご飯が欲しくなる」のだが、釜はまだ冷たい。

    食べ盛りの姪っ子達に至っては、釜飯屋で白いご飯を速攻で注文していた。

    ご飯が欲しくなるのは料理が美味しいからと腹が減っているからに他ならない。


    今井家お約束の写真撮影会を一通りやる終えるも、
    更に運ばれてくる釜飯以外の料理たち。


    「釜飯マダカ?釜飯マダカ?」
    うわごとのように呟く親族一同。


    「釜自体をいま焼いているのではないか?」
    そんな要らない想像も自然とわいてくる。


    しかし、やはりここは釜飯の専門だった。


    料理の最後が釜飯。コースのトリをつとめるのが釜飯だった。

    釜飯がクライマックスだったのだ。


    釜飯にいよいよ火が入った。やったー!何故か拍手をしていた。


    090524_1247~0001.jpg

    釜飯のフタがポコポコ動いただけでテンションが上がり、
    釜飯と記念撮影までする姪っ子達。

    ・・・つーか、君らはさっき白飯食べてたろ・・・。


    090524_1259~0001.jpg

    炊けるまで私は廊下に飾ってあったキジのはく製と戯れていた。



    さあ!釜飯のお出ましだぜ!

    フタを開けると湯気と共にふわ〜り香りが。



    うわあ☆もう、お腹一杯だあ☆


    「釜飯釜飯」言っていたが、
    コース料理を散々食べ、もうラストの釜飯はほんの少ししか食べれなかった。


    090524_1315~0001.jpg

    ご覧のように釜飯は、“炊き込み御飯のおにぎり”へと変わり果てた。

    大量におにぎりをテイクアウトする一同。



    よく見ると、釜飯には、ばあちゃんの大好物の海老が入っていた。

    海老と言ったらばあちゃん。
    ばあちゃんと言ったら海老。


    海老と出逢う度に私は、ばあちゃんを思い浮かべる。
    後これからは釜飯でも、ばあちゃんを思い浮かべる。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月20日

    マスク不足

    無いぞ・・・


    無いっ


    無ッシン!!!


    090520_2115~0002.jpg


    『マスク』がさ!


    東京、もうもたんぞ!



    インフルエンザ・・・来てるし。


    ニュースでは、
    なんと『台湾』から神戸と大阪に大量の『マスク』を無償で贈ってくださるという。

    心から、ありがとうございます!台湾!
    本当に嬉しいっす。


    俺、もうラスト2枚しかない。

    自分の場合、インフルエンザどうのこうのというわけでなく、
    1年中マスクをしているので、不足は困る。


    店員さんがマスクをして『完売です』と言われても・・・

    ・・・なんか腑に落ちねえ。(笑)
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月17日

    客車でGO

    090516_0005~0001.jpg


    こんなトレインに乗れば、宇宙にも似た未来が見える。

    時間も夢も、きっと信じていいはずさ。


    「銀河鉄道999」



    いや



    『西武鉄道999』


    コントライブの稽古頑張っていかなあかんなという今日この頃。

    お笑い芸人さんの偉大さを全身で感じ、挫折しかけるも、
    また立ち上がり前を向いて、一歩でも近づきたい。


    そして歌いたい。

    もう我慢できないよ!いいだろ!

    歌います。



    ゴダイゴ

    [The Galaxy Express 999]

    そしてEXILE ver.も。



    電車のガタンゴトン音が大きくなると歌い出し、駅に近づくにつれ声も小さくする。


    これは台本読みにも使える電車内の攻略法。


    うまくフェードイン&フェードアウトすればいけるから!

    090516_0005~0003.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月10日

    貸切サウナ

    090510_1223~0001.jpg

    うだるような暑さの中ボールを蹴っ飛ばした。

    夏日くらうも、雨よかマシ。
    日焼けのヒリヒリと、すり傷のヒリヒリが代償。


    090510_1741~0001.jpg

    その後、夕方からの稽古に備える為、
    稽古場近くのサウナに入ってみると、なんと私1人の貸し切り状態。


    調子こいてテンション上げて小走りしたのも束の間。
    想像力豊かに恐怖する。


    だってもしも、
    今、
    サウナでのぼせて倒れたらどうでしょう?



    誰か他のお客さんがいたら、浴場のスタッフにすぐ連絡してくれるだろう。



    しかし、1人ではどうだ?


    誰にも助けてもらえず、結果的に色々と手遅れになるだろうよ。
    誰にも見つからずに干物のようになってしまうだろうよ。



    だからとっても怖くなってしまった。


    サウナ部屋入るも出口付近にちょこんと座っていた。
    せっかくの貸し切りなのに、端で申し訳無さそうにちょこんと。

    這いつくばって倒れながらも顔だけでも出せるように。

    今思うと、きっと座りもせずに、尻までも浮かせていたと思う。
    いつでもロケットスタートで脱出が出来るように。


    結局、命がけの勝負はせず、サウナには3分しか入らなかった。
    逆に水風呂に入ってる時間の方が長かったと思う。


    みなさんも「1人サウナ」には充分用心してください。


    倒れたら即、干物確定です。


    まあだからと言って、
    逆に混み合ったサウナというのも、いいもんではない。

    満員サウナ部屋の一番奥に座ってしまうと、それもそれで脱出が難しくなるよね。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月07日

    骨数

    しとしと雨降りの中、
    殺陣の稽古でいつもの公民館へ。

    左手に傘立てはあるが、立てずに干していた。

    090507_2106~0002.jpg

    手前の大きい傘。
    よく見たら骨が多い


    数えてみたらその数16本。多い!


    大体は右のビニール傘のような8本がオーソドックス。

    真ん中、私の折り畳み傘なんて6本という少なさ。
    大きい傘よりも10本も骨数が少ない。


    これだけ骨があれば強風の時に起きる
    “バサぁっ!と裏返っちゃうアレ”も少なだろう。


    確かに、“バサぁっ!”多いと思ってたんだよな。
    あれやっちゃう頻度が高いんだよ、私。


    街でああやって裏返されると精神的なダメージが結構デカイ。
    だから20本くらいの骨数の傘を探そう。


    雨にも風にも負けない“骨のある”傘・・・出てこいや。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月06日

    薄底サンダル

    底のポチポチが気持ちよい『健康的なサンダル』片方だけサンダルの底が剥がれていた。

    090506_1412~0001.jpg

    片方だけでは様子が悪い。
    左右の高さが違うとバランスがとりづらい。


    それが今日、もう片方も剥がれ落ちバランスが良くなった。

    090506_1858~0001.jpg

    靴底薄〜くなったけど。
    クッションがない分ポチポチの刺激が足裏にダイレクトに伝わってくる。
    長年愛用してきたが、これでさらに健康的になったかもしれん。

    健康サンダルは、
    履いているだけで健康的になれるからお得な履物だ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop

    2009年05月04日

    スニーカー・ブルース

    090504_0005~0001.jpg

    こちらが2日に購入したスニーカー。


    ゴールデンウイークの渋谷センター街のシューズショップならば、
    想像するのも充分容易い、てんやわんやな光景だった。

    店員さんもとても足りていなさそうなので、1人で試し履きをしていた。


    「そちらの商品は幅が狭いので、ハーフサイズ大きいのがよろしいですよ」

    そう突然話しかけられた。
    声と台詞からすぐに男性の店員さんと認識。

    靴を触りながら
    「本当にそうですね。じゃ、27cmを履いてみます」
    そう応え、私がその場で立ったまま靴を履こうとすると


    「椅子がありますからこちらへどうぞ」

    しかし店内は混んでいたので

    「いや自分はいいッスよ、ここで」

    「とんでもない!椅子へ座って下さい」


    そうまで言われたら仕方ない。
    案内された椅子に腰を下ろし試し履き。
    オススメ通り、ハーフサイズ大きいので正解だった。


    「バッチリです!これにします!ありがとうございました」

    「どうもありがとうございます!お会計あちらになります」

    店員さんはそう言うとすぐに他のお客様の元へ駆け寄って行った。


    気持ちのいい店員さんだ。
    必要最小限の会話と気遣い。
    こりゃいくらでも靴売れるわこの方。


    以上。この店員さんとのやりとりの中で
    靴を脱ぎ履きしたり、靴を持っていたり、
    椅子に座ったり、ラジバン・・・。


    その殆どの時間、
    私は“下を向いていた”ので、
    店員さんの顔をはっきりと見ていなかった。


    その接客をしている横顔を見ながら、私は会計待ちをする列に並んでいた。


    ・・・・・え!
    ちょ、まさか!いや間違いない!



    レジを済ませると、店員さんも丁度接客が済んでいた。
    急いで駆け寄り、呼び止めた。



    「あの!自分の事覚えていますか?」

    「?」


    キョトン顔の店員さん。



    ・・・しまった!



    着けっぱなしにしていたインフルエンザ対策のマスクを慌てて剥ぎ取った。

    「昔、千葉でお世話になりました!」






    ・・・・・・・・・・。






    「あぁ!今井スミス!」


    「井スミス」


    「スミス」



    ・・・・・・・・・・。(エコー)




    あれはまだ千葉に住んで学生をしていた頃。
    スポーツショップでアルバイトをしていた時期があった。


    東京から一夏限り出店してきたそのスポーツショップの店員構成は以下の通り。

    地元のアルバイト自分を含め3人。そして東京から来た社員が4人。


    東京から千葉の海っぺりに派遣されたNさんと、地元の学生だった今井は出会った。




    それから15年・・・・・。


    渋谷で偶然再会。


    嬉しかった。しかも覚えていて下さった。
    今も変わらずお元気そうだ。



    「今井スミス」について

    バイトをしていたそのショップでスタッフ割引を利用して購入した
    アディダスのスニーカー“スタン・スミス”。
    これにペンで三本ラインを施して履いていたから。
    (※スタン・スミスにはアディダスの三本ラインがありません)


    それはもはや“スタン・スミス”ではなく“イマイ・スミス”であり、
    「“エアロスミス”みたいでなんか格好いい!」とのたまっていた。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生き様(日々・日常) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。