Main / 独り言(戯言・小話)

『 独り言(戯言・小話) 』 の 記事一覧

  • (05/10/11) 努力と根性
  • (05/09/28) つばめ返し
  • (05/09/27) ヘアサロン
  • (05/09/23) 鳥の声の道しるべ
  • (05/09/12) 改革するという事
  • 2005年10月11日

    努力と根性

    今日は映画のオーディションに行った。
    相変わらず「こりゃ今回来たべ!」という手応えなんてない。

    今までかつて、試験や受験など数々戦ってきたが、
    落ちた時はもちろん、受かった時でさえ、手応えなんて感じた事はない。
    「ワシ駄目だったわー・・・」って実感は多々あるけど。(笑)

    でもいるんだって。
    「勝った!」って、わかっちゃう人。
    しかもオーディションや試験を受ける前から予感しちゃう人も。
    どんな感覚だろ?シックスセンス(第六感)がある人、教えて。



    「努力」「根性」
    少年野球をやってた頃も、中学の野球部員だった頃も
    帽子の“つば”の裏にでっかくペンで書いていた言葉。



    なんだかんだ言って何事も目標を達成するには、日々「努力」するしかないと思う。
    そして「努力」した後に、結果というのは、必ず付いてくるものだと信じている。

    たとえ一時は「残念な結果」が下されたとしても、
    もちろん、まず自分の努力がまだ足りなかったって事は認めて。
    しかし、その「残念な結果」には、それを下された“後”にこそ、
    ものすごく大きなチャンスが潜んでいるんだって。

    ピンチとチャンスは表裏一体って聞いたことがある。



    となると「残念な結果」と、どう向き合うのかが重要だ。
    もう一度目標を見つめ直し、また「努力」する。やっぱりこれ。
    そうすることによって、次の戦いまで更に成長する事ができ、
    歩幅に大小はあっても、以前より確実に目標へと進んでいるという。

    なので、つまり・・・・・
    結局は「努力」をしたら、結果が後から付いてきている事になる。


    「コツコツと地道な事しか信じない」 主力会のお兄さん達もよく言っている。




    ところがしかし「残念な結果」から再び立ち上がるには、
    これがなかなか、かなり大きなエネルギーを必要とする。
    そんなスムーズに出直し出来ないよ。勇気もいるし。
    心身共にきっつい、きっつい。時には瀕死の状態に落ち入ることもあったり・・・。




    ここで「根性」の出番だ。

    最後に物をいうのは気合いと「根性」でしかないと思う。歯を食いしばって。
    競馬でもゴール前の接戦を制するのは「根性」のある馬。
    キン肉マンも「火事場のクソ力」で逆転するファイター。


    「元気(根性・気合い)があれば
    何でも出来る」


    好きな言葉だ。



    立ち上がろう。そして「歩いていこう」。【by J(S)W】






    「まだやれるよーーーーーーーー!」






      日々、自分の目標に向かって頑張っている仲間達へ
      (このしょぼいブログを見てくれている全員の事です)

      そして初心に返り、自分を奮い立たせる為の独り言でした。

    k-note.jpg

    自分の「レベル上げ」(まだスライムにも苦戦中)をしていく為のNEWノート。
    【「孝式」ノート】
    ブログ開始と共に綴ってきている。中にはもちろんお馬鹿な内容満載。

    そういえば最近、
    「孝式」に投稿されるみなさんのコメントを見る度、エネルギーが湧いてきます。
    よっしゃー!もういっちょ這い上がってやろう!って。根性アップアップ♪

    心より感謝しています!

    誉められると伸びる子なので、
    そのあたりを踏まえ、今後もツッコミのコメントをよろしくお願いします!(甘え)
    posted by 今井孝祐 at 22:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2005年09月28日

    つばめ返し

    先日
    またしても駅のホームを歩いていたら
    こんなもん見つけた。


    station_001.jpg




    で、上を見上げると・・・・・




    ys_001.jpg


    おおっ!
    つばめはどうやら不在の様子だが、
    今年の春にこしらえたのだろうか?ベニヤ板の上に少し申し訳なさそうな巣を確認。


    つばめの巣を撤去するのは、そりゃ簡単な事ですよ。
    注意書きがあるって事は、フンの被害者とかいただろうしね。




    駅員A
    「あのつばめの巣、いい加減に片付けようぜ〜。」

    駅員B
    「フンでホームが汚れて掃除が大変なんだよな〜。」

    駅員C
    「なあ、あの巣食っちまわねえ?」

    駅員B
    「え?食えんのあれ?」

    駅員C
    「つばめの巣っていやあ珍味だろ。食える食える。(笑)」

    駅員ABC
    「いっただっきま〜す!!」


    駅長
    「バッキャロー!おめえらの馬鹿さ加減にゃ父ちゃん情けなくて涙出てくらあ!
    わかるか!ここがヤツらの故郷なんだよ!お前ら、故郷を奪っちまっても
    ええか〜?ええのんか〜?(by鶴光師匠)」


    駅員ABC「・・・・・え、駅長〜〜〜〜〜!!(号泣)」


    (以上、勝手に妄想)





    わざわざホームのコンクリートに注意書きを埋め込んでまで
    つばめの巣の建設を容認するとは。




    粋ですなあ・・・。
    好きです。駅長さん★(また妄想)





    つばめ!来年も帰ってこいよーーー!




    ま、俺も「つばめフン」をくらったら
    よじ登って、取って食おうとするんでしょうが・・・・・(笑)
    posted by 今井孝祐 at 21:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2005年09月27日

    ヘアサロン

    近日行われる、ある撮影に向けヘアカットに行ってきた。

    わかってた・・・・・俺わかってたよ。

    やっぱり苦手なの・・・・・。




    おしゃれなヘアサロンって苦手なの、俺。

    けど行っちゃうの。




    すっげー店内が明るくって、
    え?ここはお城?みたいな。
    そして、一面ガラス張りになってて、外から見えるの。なぜ丸見え?


    店員さんも若くて、ヘアスタイルやファッションにこだわってる感じで。
    こっちがジャージなんかじゃ絶対行けないあの感じ。


    そして・・・

    何より、店員さんが凄く話しかけてくるの。話しかけ過ぎなくらい。
    自分も話をするのは嫌いじゃないけど、
    リラックスして本読んだり、眠りたい時もあるよね。

    あと、
    特に話す事も無いのに一生懸命頑張って
    「無理やり会話を弾ませよう」とする
    「トークがあまり得意でない店員さん」・・・・・・。



    これは、せつない。せつな過ぎるよー!(泣)
    せつなさを殺せないよー!(by吉川晃司さん)


    あれかな?客とコミュニケーションとらないと、店長から怒られたりするのかな?
    そういう話を聞いたことがある。会話するのも仕事の内らしい。

    そう思うと、俄然こちらも張り切ってトークを盛り上げる。店1番のデカイ声で。










    けど心でこう叫ぶ。










    「俺なら大丈夫。
    沈黙も全く気まずくありませんよ。
    もし店長さんに怒られる時は、
    そん時は・・・・・
    俺も一緒に怒られにいきますから!」

    hair_1.jpg

    おじいさんとおばあさんが二人で経営する、
    古びれた木造で床が畳のヘアサロンとか行ってみたい★
    posted by 今井孝祐 at 20:39 | Comment(4) | TrackBack(1) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2005年09月23日

    鳥の声の道しるべ

    実家から東京に出てきて5年以上経つ。
    それ以来、交通手段は車メインから→電車メインに。
    ある意味 俺も「電車男」だ。

    ホント電車には、しょっちゅう乗っているのだが、
    最近、初めて気が付いたものがある。



    駅で切符を買って、改札口を抜けて、階段を登り、ホームへ出た瞬間!


    「チチチチ、ピヨピヨピヨピヨ〜!」って声が。


    鳥か?!と思ってフッと上を見た。
    けど鳥なんていないの。

    なんだ。ただの空耳アワーか・・・。と思ってボケーっとしてたら。


    また「チチチチ、ピヨピヨピヨピヨ〜!」


    ババッと今度は素早く振り返ると、ホームの階段付近に「スーツ姿の男性」がひとり。




    「そうそう、男ってスーツを着ると思わず鳥の鳴き声で・・・


    鳴くかいっ!!



    と、ひとりノリツッコミ もそこそこにして。




    ホームの屋根の方をよく見ると・・・・・




    guide.jpg

    階段付近の頭上。白っぽい箱型のやつ。
    よく見ると「ガイドメッセンジャー」って名前が書いてあった。

    ネットで調べてみると正式名称は「誘導チャイム」
    目の不自由な方に階段の存在を音声で知らせる機械だった。

    今まで気づかなかったが、それもそのはず
    聞こえるか、聞こえないか、それ位の音量だった。

    案の定、夕方のラッシュ時「誘導チャイム」の下を意識して通過したのだが
    全く聞こえなかった。

    こういうのは、もっと大音量でもいいと思うんだけどなあ。

    バリアフリー化が進む中、
    不自由のない人間も知識を持ち、意識していなけりゃいかんと思った。
    階段の側では、大声で騒がない様に気を付けようと。俺、声デカイから。



    chime.jpg

    このように、目の不自由な人の為の国際シンボルマーク
    「白い杖をついて歩く人」
    のマークが入ったものもあるそうです。
    posted by 今井孝祐 at 22:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2005年09月12日

    改革するという事

    昨夜、衆院選が決着した。

    3日ほど前、すでに「期日前投票」を済ませていた自分は、
    テレビの開票速報が気になっていた。

    アニメ「ONE PIECE」と「世界柔道」はそれ以上に気になっていた。(正直者)

    そして数時間後・・・・・
    郵政民営化賛成派が勝った。

    自分は政治に詳しくはないが
    「現状をかえたい」という思いを持った人が沢山いたのかなあと。
    民営化が良くも悪くも、やってみなきゃ分からんし。まずはトライすべきって事かも。
    政治だけじゃなく、何事も「現状」に満足してる人って、そうはいないんじゃないかな。

    俺も常に自分を改革していかねばと考えている。
    今年の夏の改革案であった「体重5s減法案」は見事不成立に終わったが・・・。

    現状打破出来ないみなさん。改革の道は険しくとも、共に頑張りましょう。

    bluepost.jpg

    有楽町駅の速達用の青いポスト。昔、見た瞬間嬉しくて思わず携帯で撮った。
    赤でも青でもない、NEWカラーのポストがみんなの街にお目見えする日は来るか?
    「〒」マークも新しく変わるかもしれない。
    posted by 今井孝祐 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。