Main / 独り言(戯言・小話)

『 独り言(戯言・小話) 』 の 記事一覧

  • (09/08/14) 木から声
  • (09/08/12) ライダーズ
  • (09/08/10) 心の声
  • (09/07/31) 誰かの為に
  • (09/07/29) 等身大の実感
  • (09/07/27) 描かれモデル
  • (09/07/20) 絶叫写真
  • (09/07/19) 色と形
  • (09/07/16) ブラックシリーズ
  • (09/07/09) 一面
  • 2009年08月14日

    木から声

    毎日毎日、鳴き声が聞こえてきた“木”



    ミンミンミンミンって。



    最近、その“木”から声がしなくなった



    知り合いなんて「コロッと蝉が落ちる瞬間」に立ち会ったという。



    その蝉は、最後を看取られてよかったと思った。



    夏が終わりに近づいている。


    090814_1131~0003.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年08月12日

    ライダーズ

    090812_2120~0001.jpg

    駅地下に
    仮面ライダーが勢揃いしてた。


    なんて豪華な顔ぶれ。


    090812_2120~0002.jpg

    馴染みある顔と知らない顔と色々だが、私は「V3」(右)が好き。
    淡いグリーンと赤の色使いとマシンが◎。


    あと「ライダーマン」(左)も好き。
    そのネーミングと口元が素敵すぎ。



    デパートでよくやっていた「仮面ライダーショー」を見に行くも、
    オープニング直後に登場するショッカーに号泣する、そんな子供でした。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年08月10日

    心の声

    090810_1411~0001-0001.jpg


    どっきんこ


    どっきんこ


    どっ!きんこ!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月31日

    誰かの為に

    仕事の帰り道。

    ライブバーにぶらりと寄り道。
    音楽を肴に一杯だけ。ひとり酒。


    さほど暑くなかったけど、喉と頭の中を潤されて、
    なにかとバタバタとバタ足でバタつきそうな来月へ向け、気合い入れ直し。


    今日聴いたミュージシャンが結婚する友人へ作ったという歌があったが、素敵な歌だった。

    となりのテーブルでは、涙を流しているお客さんもいた。
    心に響いたのだろう。

    090731_2045~0001.jpg



    誰かの為に歌ったり、
    例えば自分なら誰かの為に演じたり。

    そういう気持ちがあると無いとでは“中身”が違いすぎる。


    自分の為に歌ったり演じたりしてみても圧倒的に薄くて弱いもの。

    誰かの為に行動することの強いこと強いこと。

    映画『演じ屋』の取り組みから学んだことのひとつ。



    そんな『演じ屋』の監督である野口照夫氏と
    来月の本公演も出演させて頂く劇団『ポップンマッシュルームチキン野郎』の主宰の吹原幸太氏。


    私がお世話になっているお二人が脚本を手掛けるのが、
    明日よりフジテレビ系でスタートするドラマ『オトメン』


    皆様、是非ともご覧下さいませ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月29日

    等身大の実感

    私がガンダム好きなので、
    今話題の「アレ」を撮影した写真が
    次々に私の携帯に送られてくる。

    もう8人くらいから送られてきました。


    090718_1942~01.jpg

    「白い悪魔」の等身大です。


    お台場に行って生で見て、その姿を私にも届けて下さるその気持ちはありがたいです。



    もちろん・・・ありがたいんですが・・・



    写真はもういい!
    私もこの目で見てみたい!
    “等身大”って実感も薄いし!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月27日

    描かれモデル

    描いてもらう機会などあまりないので、恥ずかしがりながらワクワクしてると、
    サラッと描いて頂いただけの、
    シンプル&スピーディーな絵は、やっぱり似ていた。


    っま、まあ、「描きやすい、描きやすい」とはよく言われるが・・・・・。


    090724_2009~0002.jpg


    似顔絵である。

    他の人が見ても、自分で見ても似ていると思うのは、それはあれだろう。


    それだけ似ているって事だろう。


    そしてやはり、描きやすかったそうだ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月20日

    絶叫写真

    ジェットコースターに乗って
    「絶叫している顔」を写真に撮ろうなんて考えたのはどこのどいつだ?


    絶叫してる顔って、変顔だから面白い。


    それを写真に残すなんてシステム、一体どういう趣味だろう。
    そんな写真を自らお金を出して買うなんて、一体どういう趣味だろう。


    結構好きよ。そういうの。
    しょーもないギャグ的発想。



    以前、うちの親がディズニーランドの「スプラッシュマウンテン」に乗った時の写真なのだそうだが。



    090720_0027~0001-0001.jpg


    うあ、こ・・・これ・・・あぁ・・・すげえ。


    うん、これはちょっと修正を。


    このような写真の扱い方ってむずかしい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月19日

    色と形

    トイレに駆け込みます。





    ・・・・・おっと。


    090719_1555~0001.jpg


    いいのか?


    「青」じゃないから、一瞬入るのをためらった。


    どうしてこのような色にしたのか?


    あくまでトイレの男用と女用を分ける記号として、
    一般的に定着している「青」「赤」でいいかなと思うんだけど。


    これ、「紫色」というかなんというか。


    青と赤との「間の色」。

    なぜ故。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月16日

    ブラックシリーズ

    綿棒、糸ようじ、黒油取り紙に続く・・・。



    街を歩いていると女性から

    「よろしくお願いします!」と突然声をかけられ

    すぐ私の手に何かを握らせてきた。

    そしてまた他の人を気にしながらその女性は私から離れて行った。







    あぁ、これが噂の“ティッシュ配り”というやつか。



    090716_2030~0001.jpg


    『黒ティッシュ』



    だって黒いんだもん。
    渡された時、これはティッシュだとすぐに判断できなかった。



    090716_2032~0002.jpg


    こちらが1枚取り出された黒ティッシュ。


    090716_2033~0001.jpg


    こちらが鼻をかんで丸めこまれた黒ティッシュ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop

    2009年07月09日

    一面

    別に几帳面ではない。


    ただ揃っているのがなんだか妙に清々しいんだが何故だ?


    一面に広がる景色とは美しいのだ。


    一面に広がる雪景色
    一面に広がる花畑
    一面に広がるジャワティ



    090709_0922~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(戯言・小話) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。