Main / 動く者(運動・観戦)

『 動く者(運動・観戦) 』 の 記事一覧

  • (10/03/04) ナマリの身体
  • (10/01/13) 冬なの
  • (09/12/29) スポッチャ!スポッチャ!
  • (09/12/27) 追悼馬券
  • (09/11/20) 漕ぎ痛み
  • (09/04/19) 父ひとり子ふたり
  • (09/01/25) 第57回勝田全国マラソン大会
  • (09/01/01) 新年いきなり球技大会
  • (08/12/28) 第53回有馬記念
  • (08/11/30) コンビ
  • 2010年03月04日

    ナマリの身体

    認めたくないものだな。
    入院ゆえのナマリというものを。


    100304_2341~0001.jpg

    いつもなら、
    階段の段を抜かしての走り降りは、
    お手のものな私なのだが。

    ラスト足をグネって膝からくずれた・・・。



    一段と筋力の衰えた体。
    そこにきて今日は殺陣の稽古である。

    100304_2359~0001.jpg


    帯をギュッと締めると
    気もギュッと引き締まる。


    頭と体を使っての殺陣は疲労が如実だ。

    病み上がりのリハビリどころでは済まされない疲労。


    重っ。おんもっ!身体おんもっ!


    ナマって、ナマって、
    完全にナマリの身体である。


    明日から再び走り込みなんぞを。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2010年01月13日

    冬なの

    最近思う。



    今ね、


    冬だと思う。


    誰が何と言おうと。


    これ間違いなく、


    冬だと思う。


    すっごい寒いょ・・・。



    愛用の指先の無い手袋では、もはや間に合わない。

    なんか“指が取れてしまうんじゃないか”というくらい冷えて痛む。


    100113_1816~0001.jpg

    首に巻き、頭も被り、走っているいつものマラソンコース。


    折り返し地点でちょっと歩いたら、
    一気に身体が冷えたもんだから、慌てて走り出した。


    大会は近い。

    本番は温かい日差しを希望。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年12月29日

    スポッチャ!スポッチャ!

    宇都宮で弟がハマっている場所があるという。


    なんでえなんでえ!そいつぁ!



    それこそが、総合アミューズメント施設
    『ROUND 1』である。



    ・・・・・ほ・・・ほう・・・。



    ボウリング、カラオケ、ゲーム、スポーツ・・・など遊び満載。


    今回、私のリクエストで様々なスポーツを
    時間内でやりたい放題楽しめる「スポッチャ」コーナーへ入場する。


    ゴルフ、アーチェリー、バスケ、ポケバイ、バッティング、
    テニス、バドミントン、フットサル、フィッシングまでもある。


    散々やり尽くし。
    尽くしまくり。



    中でも私、
    「スケート」が気になっていましてね。好きなんですよ。


    アイススケートも
    ローラースケートもインラインスケートもですよ。


    昔はよくやったですよ。
    結構イケる口ですよ。


    こちらではインラインスケートとローラースケートがあり。
    インラインスケートをチョイス。



    091229_2110~0001.jpg


    言い訳。


    何年振りか分からないくらい久々の滑り。
    10年以上は確実。


    しょーがねぇ。



    間もなく・・・



    尻を強打。





    ・・・はい!次!




    ラウンド1と言えばこれ。
    私、これも気になっていましてね。



    「ロデオ」






    牛に跨っ・・・






    全身を強打。


    091229_2124~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年12月27日

    追悼馬券

    みっちり情報収集した。
    しかしバタバタして買いに行けない。


    そうだ。
    そんな時は、弟に馬券を頼もう☆



    福島のWINSにいやがった。(笑)


    一片の悔いなし馬券。

    POGで散々人様にお薦めしてきた
    名牝『ブエナビスタ』本命。

    彼女に今年を締めてもらわなければ。

    女王『ウオッカ』さんがいない今なら、
    連はガチ堅いだろ。次代の女王は君だろ。

    三連複でバラバラバラバラっと流してみた。

    091227_1236~02.JPG


    それから今年2009年は、偉大なエンターテイナー
    「マイケル・ジャクソン」
    がお亡くなりになった年。


    よって「追悼・馬イケル馬券」

    マイケルと言えば、「ジャクソン5」だから
    “5枠”(黄)。

    あと私の好きなマイケルの曲
    「ブラック・オア・ホワイト」から
    “1枠”(白)と“2枠”(黒)


    このナンバーはリフとPVが好きよ。

    枠連3点ボックスで!

    091227_1237~02.jpg


    さあ行けや!

    『第54回有馬記念』



    ・・・・・ふふ、やったど。


    ハイペースの流れを前めにつけてよくぞ〜!
    2着「ブエナビスタ」ありがとう!

    A黒人、@白人、D黄人の垣根などない。

    全てはひとつ。
    ウィーアーザワールド。

    馬イケル馬券と三連複の両方とも的中きましたコレ。

    オッズ的にはあまり・・・・・でしたが、
    馬券は当ててなんぼや!

    優勝「ドリームジャーニー」
    春秋グランプリ連覇おめでとう!



    結論。

    有馬記念が一番好きなGTレースである!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年11月20日

    漕ぎ痛み

    サイクリング・デー


    午前中の健やかなる時間を
    サイクリング・サイクリング。


    うちの折りたたみ式は長距離移動には向かないが、
    普段出会えない街並みをみっちり走り抜いた。


    おかげ様で太ももの筋肉痛より、尻のダメージの方が気になる存在。


    まだ漕ぎたい気持ちはある。



    091120_1216~0001.jpg


    が・・・・・



    今日はもう何にも座りたくない。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年04月19日

    父ひとり子ふたり

    昨今の健康ブーム、メタボ対策により、
    更に参加者が増えに増え、大マラソン大会になってきている。


    090419_0850~0002.jpg

    『第19回かすみがうらマラソン』

    昨年と同じく「マイルの部」に参戦。
    (昨年のマラソン孝式記事→コチラ

    別に「マイル」を貯めている訳ではないし、貯まりもしない。
    フルマラソンはまだ自信がないので16kmにしているだけ。



    前回に引き続きエントリーの“今井ブラザーズ”に加え、
    昨年還暦を迎えた“親父”が参戦。

    「父ひとり子ふたり」である。

    この調子でEXILEの如く年々増えていく予定。




    ・・・は、今のところない。



    さて、スタートし序盤から軽快にペースを上げる父を
    後ろから追走するブラザーズ。



    「ったくぅ。これだからマラソン初心者は・・・」
    「ペース分かってないし。ありゃ潰れるわ・・・」

    と、後ろでほくそ笑んでいたブラザーズ。



    序盤から父はひとりで、とっとと走り去り、直ぐに姿が見えなくなった。


    「後で抜き去ってやるわ!」と吐き捨て、
    いつも通り“地域との触れ合い”スタート。


    今回は沿道から片手を挙げてくれている方達が多く、
    手と手をタッチしていく、文字通り“触れ合い”が嬉しかった。
    そんな応援が何より嬉しい。ありがとうございました。


    そしてまた嬉しいのが、差し入れね。

    コースの各箇所には水分を補給するための「給水所」があるわけだが、
    他にもバナナ、チョコレイト、アメ、キャラメルなどを
    地域の皆さんが自主的に差し入れしてくれる。

    そんな中、私のマラソン史上、初めての振る舞いにビビったものが。


    そこに紙コップではなく、スプーンと皿が並べられており、
    皿には「カレーライス」が。



    決して食いしん坊だからではなく、
    あくまでも地域密着に重きを置くブラザーズは、
    当然立ち止まり食べまくった。

    カレーは飲み物ではないはずだが、あれは給水所ではなく“給カレー所”だった。

    まーた、これがもう、めっちゃ美味かったのですよ。ご馳走様でした!




    さて・・・と・・・



    そろそろ父親を捕まえに行くか



    ・・・・・グッとペースを上げれども上げれども。




    姿が見えぬ・・・・・。




    マズい。引き離され過ぎたかもしれん。




    追走がまさかのハイペースになってしまい、まず脱落していった弟は敗北。

    必死の追い込みを見せるも3分弱のタイム差で敗北の私。

    そのまんまマイペースを崩さなかった父に負けたブラザーズ達。



    「地元住民との触れ合いに撤したから!」
    「市民マラソンの醍醐味マジ分かってないし!」


    そう言って自分達を納得させることしか出来ない負け犬ブラザーズ
    表情が険しいのは、足の激痛のせいだ。


    090419_1232~0002.jpg

    何はともあれ、無事に3人とも怪我せず完走できたから、良かった良かった。


    さ〜て次はどこの大会に出ようか?
    リベンジだ、リベンジ。親父にリベンジ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年01月25日

    第57回勝田全国マラソン大会

    さあ、また茨城県を走ります。


    090125_0923~0002.jpg

    第57回勝田全国マラソン大会

    出場したのは「39才以下10kmの部」

    前回の失敗を繰り返さぬよう、早め早めに手続きや準備をし万端。


    ※前回のマラソン大会失敗記事→コチラ

    しかし自らやっぱり最後尾からのスタート。
    もはやこの場所の異常な安心感は定位置の証である。


    今回のテーマは
    「ふれあい」

    地元の方々との交流である。


    前回もそうだったが、沿道にずらりと応援の皆様。
    スタートからゴールまで、途切れることのない応援。

    皆様のご声援が本当に嬉しく、できる限りこちらも声や手振りで応える。
    吸水所ではお菓子や果物を頂いたり、補給と共にとても温かいぬくもり。


    これが私のマラソン醍醐味。
    マラソン最高!


    年明け初戦の叩き台として、身体を確かめながら無理せず怪我無く、走り終えられた。

    着順は全く気にならないがどうしても気になるのが
    下2桁ラッキー番号。
    大会回数にちなんだ「57番」はGETならず残念。
    弟もGETできず残念。

    090125_1327~0001.jpg


    マラソン後・・・

    特設ステージでの催し「クイズ大会」で正解し見事に汚職事件
    ・・・いや「お食事券」をゲット♪
    地元の名物を堪能しつくした。


    090126_1723~0001.jpg

    そしてこれが参加賞の中のひとつ。
    乾燥・・・いや「完走いも」

    次走、4月に向けしっかり走り込みだ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2009年01月01日

    新年いきなり球技大会

    さあ2009スタートゥ!
    締まっていこーぜー!

    というわけで

    皆様本年もどうぞ宜しくお願い致します!
    素敵な1年になりますように。




    一年の計は今日この日にある。

    という訳かどうか、意味はわからんが、
    今年の今井家の計は『球技大会』なのだ。


    @まずはバッティングセンター。
    略して“バティセン”


    私が知っている限り、
    バティセンの多くには、向こう正面のネットの高い位置に
    “的”が備え付けられており、
    そこにお客さんが打った球が当たるとホームランと判定される。

    バティセンによっては賞品がもらえたり、名前が張り出されたりする。



    昨年秋、弟がそのホームランを叩き出したという。

    名前が張り出されているからとバティセン内を探してみると、
    昨年秋のホームラン打者名は、新年既に撤収され、目にする事が出来なかった。

    弟のホームラン記録は疑惑に包まれ、ひとり納得がいかない様子。

    ならば面前で証明してもらおう。プレイボールだ。


    090101_1404~0002.jpg

    バットの握りを変え、スイングを変え、立ち位置を変え、
    スピードを変え、球の高低を変え、
    家族一丸となり、あらゆる小細工をやり尽くし、
    手のひらが痛くなるまでひとしきり打ち込んだところでギブアップ。



    弟のホームラン疑惑が一層深まったところで・・・ゲームセッッッ!!!



    A次の会場であるボウリング場へレッツらボール。

    ボウリング場ではお正月の特別企画が。

    なんと[第7フレーム]でストライクを出すと記念品が貰えるという。

    よっ!太っ腹!ラッキー7ボウリング!
    バティセンでの疲労を忘れ、俄然盛り上がりだす今井家一同。



    今思えば“これ”がいかんのだ。



    第7フレームといえば、ボウリング感も復活し、玉に慣れてくる絶好のフレーム。

    しかし、そうはいかない。



    [記念品]


    そう。この三文字が人間の冷静さを狂わせるのだ。



    なんという人生の落とし穴。

    いや、

    なんという「人生のガーター」だ!!





    ・・・・・。(あれ?何?この静けさわ)






    欲に溺れ緊張やプレッシャーを過大に抱えすぎ、
    ガチガチにリキみ過ぎのてんやわんや。

    第7フレームは誰もストライク出せなかった。
    それまでちょいちょい出してたやん、みんな・・・。


    嗚呼〜!!
    記念品のインフォメーションさえ知らなければ、
    もしかしたら今井家ストライク出していたかも。

    しゃーねー。


    090101_1554~0001.jpg


    いい汗かいて気持ちのよい一年の計。


    スポーツ最高!
    もうなんも言えねー!

    今年もマラソン大会にエントリーしたし、フットサルももっとやりたいし。

    そうだ!そうなんだ!
    年末からの増量した体重もダウンダウンダウンさせなきゃだ。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2008年12月28日

    第53回有馬記念

    また今年もこの日が来た。師走の恒例行事。

    競馬のグランプリ!ここに馬有り!


    『第53回有馬記念』


    今日改めて思った。
    1番大好きなレース。やっぱり有馬記念だわ。


    ウズウズが止まらない。先週あたりから。

    ウズウズしたまま、ウズウズ後楽・・・

    ウインズ後楽園へ。


    081228_1502~0003.jpg

    施設内の競馬おみくじも大吉!
    大当たり間違い無しときたもんだ!



    Lダイワスカーレットは歴史的最強牝馬だと思った。

    だから絶対3着以内死守お願いします!
    という期待を込めて。



    スタート



    直後から先頭で逃げ、集団を引き連れて走る姿が既にもうたくまし過ぎる。

    マイペースで道中周ってきて、最後の直線。

    その脚色は衰えるどころか二の足を繰り出し、更に突き放す。



    背筋がスッとした。


    ヒシアマゾンも
    ダンスパートナーも
    エアグルーヴも
    メジロドーベルも
    男に負けた有馬記念。



    しかし今年は違った。このあいだの天皇賞・秋のウオッカといい、女は強し。

    3着以内どころか、後続の並み居る男達を蹴散らして圧勝。

    最強牝馬の栄冠。
    ダイワスカーレットが史上4頭目37年振りに女馬で有馬記念優勝。

    やってくれた!夢は通じた!




    そして2着が


    Mアドマイヤモナーク










    買ってねぇ。










    終了。

    081228_1800~0001.jpg

    しかもマークシート無駄に塗っちゃってるし。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2008年11月30日

    コンビ

    例えば。

    ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード

    ミック・ジャガーとキース・リチャーズ

    ホーク・ウォリアーとアニマル・ウォリアー

    オグとシオ

    タカとユウジ・・・・・



    何にでも“名コンビ”ってものがある。


    競馬の国際GT
    『ジャパンカップ』

    一昨年のダービー馬
    「メイショウサムソン」と石橋守騎手。

    コンビ復活。
    それだけで嬉しかった。

    もちろん、馬主さんや調教師さん他、
    関係者の方々にしてみたら、そうはいかないだろうが、
    私個人的に勝ち負け云々の思い入れがあったから。


    キン肉マンとロビン
    キン肉マンとバッファロー
    キン肉マンとネプチューン・・・・・


    確かに強いかもしれない。


    しかし“名コンビ”
    キン肉マンとテリーなのだ。マシンガンズなのだ。

    この2人にしかない、
    この2人の“歴史”がそこにあるから。


    081130_0005~0001.jpg


    さて、レースはというと、
    サムソンはインコースで脚を溜めいい感じ。
    残念ながら直線では思うようには伸びなかったけど、
    無事に回って帰ってきてくれて良かった。


    昨年のダービー馬
    「ウォッカ」

    今年のダービー馬
    「ディープスカイ」

    三世代のダービー馬の対決が話題になったが・・・。


    勝ったのは9番人気も何のその
    「スクリーンヒーロー」とミルコ・デムーロ騎手。

    “銀幕の英雄”とは、あらいい名前。

    あやかりたい、あやかりたい。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。