Main / 動く者(運動・観戦)

『 動く者(運動・観戦) 』 の 記事一覧

  • (06/10/26) 北海道、真夏並みのアツさ
  • (06/10/22) 2年連続ならず
  • (06/10/20) 戦いのあと
  • (06/10/02) 衝撃を世界へ
  • (06/09/25) 18
  • (06/09/03) 初バスケ
  • (06/08/21) 数え唄
  • (06/07/31) クラウディ・ハーツ
  • (06/06/25) そして“今度こそ”海外へ・・・
  • (06/06/21) 打ちっ放す
  • 2006年10月26日

    北海道、真夏並みのアツさ

    「日ハム」こと
    『北海道日本ハムファイターズ』

    私が生まれて初めて日本一。




    その瞬間、見た。
    マウンドではなく、外野で胴上げされる選手。


    今シーズンのプロ野球界の主役はこの人でした。


    『新庄剛志選手』背番号1



    「ユニフォームを脱ぎます」との発表。


    以前から話題にもなっていた
    ファンサービスは加速。どんどん加速。


    これぞエンターテイナーか。


    「スタジアムに来たファンに楽しんでもらいたい」


    それが物凄く伝わってきた。



    時には、色付きのアンダーシャツが
    「襟問題」なんていって取り上げられ、
    昔気質の人にお咎めうけたり。


    それでもいいと思う。


    新しい事をする時には
    大概そういう事が起きるものだし。
    本人とファンが一番楽しんでいたみたいだから。



    何よりパフォーマンスだけじゃないって事を
    しっかり証明してみせたのが凄い。そこが本当に凄い。

    主力としてチームの一体感は更に増していき、
    リーグ優勝からついにシリーズ優勝へ。

    新庄選手、プロ野球人生はじめての日本一。

    まさに男の花道。


    ご本人もおっしゃっていたが

    「出来過ぎ。まるで漫画みたい」
    あるんだなあ。こういう事。

    新庄選手お疲れ様でした。


    061026_1018~0001.jpg

    この2つ、昔からほんとに好きで好きで☆
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月22日

    2年連続ならず

    2年連続の三冠馬誕生は難しいと。
    ま、そういうことか。


    2冠馬『メイショウサムソン』

    第67回菊花賞(GI)4着


    前哨戦、神戸新聞杯で2着に敗れはしたが、
    持ち前のど根性を見せてくれたので期待していた。


    チャンスは十分あったとおもうが、
    直線の切れ味勝負は、サムソンには分が悪かったみたい。

    逃げ馬をいつでも捕らえられるくらい、
    前めの位置取りでのレースも面白かったかも。

    それとレース前、気になった、
    馬体重の増量は影響あったのか。



    勝ったソングオブウインド
    2着のドリームパスポート
    逃げたアドマイヤメイン
    2冠馬メイショウサムソン

    強い。
    この先非常に楽しみ。

    ドリパスはもう名前からして素敵。

    再び、揃って大舞台でのレースを見せて欲しい。



    そして今回もまた、馬券買っていなくてよかったと。
    ま、そういうこと。

    061022_2230~0001.jpg

    ソングオブウインドの父は、
    かつて凱旋門賞2着にもなった「エルコンドルパサー」

    念願の跡継ぎが出来てよかったよかった。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月20日

    戦いのあと

    ショッキングなニュースが飛び込んできた。


    孝式でも何度も書いてきた競走馬、
    『ディープインパクト』。

    なんと先日行われた凱旋門賞で、禁止薬物の使用があったという。



    マジっスか?と。
    何やってんの?と。

    もうガッカリですわ。



    故意ならいわずもがな、
    例え過失だとしても、
    万が一、何らかの事件に巻き込まれたとしても、
    禁止薬物の反応が出たのは事実。

    関係者の責任は重いでしょう。


    しかしディープ自ら薬物をとるはずはないので悪くない。

    本当に可哀想。
    一生懸命走ったのに。
    三着取り消しになんてなったらもう・・・。

    061020_1152~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年10月02日

    衝撃を世界へ

    ついに世界へ。

    フランス、ロンシャン競馬場。
    競馬の最高峰レース『凱旋門賞』

    我らが日本代表「ディープインパクト」が参戦。



    いつも通りディープのレースをすれば充分勝機はある。
    そんな記事をスポーツ新聞でよんだ。


    ただ、いつも通りのディープのレース運びではなかった。
    いや、させてもらえなかったと言ったほうがよいのか。


    らしくない。
    好スタートをきるディープ。


    いつもなら出遅れたり、出遅れなくとも、
    スタート後はゆったり(もたもた)として、
    自然に馬群の後ろの方へ下がっていく。

    定位置は馬群後方。
    どんなに頭数が多くても後方待機。

    そしてジワジワ上がっていき
    ラストで最大の武器である末脚を爆発させて他馬を抜き去る。

    追い込み型の馬。



    それがどうしたことか。
    今日は、前から2頭目を行くディープ。

    それほどスローペースなのか。
    ディープは先頭から2頭目を先行して、
    抜け出し粘り勝つようなレースは国内ではしてない。

    完全に他馬にマークされる位置取りとなった。
    道中も行きたがるそぶりをみせたり。


    らしくない。
    そう思っていた。


    らしくないまま直線へ。
    手綱は持ったまま、手応えはまだまだ良さそうに見えた。


    しかし、武豊ジョッキーのゴーサインにも伸びず。
    いつもの爆発的な脚を見せることは無かった。

    結果3着

    残念だ。勝てると思っていただけに。
    残念だが、しかし最高峰のレースで3着は大したもの。
    トップクラスの実力であることを証明したんだから。

    ディープ、陣営の皆様には、心からお疲れ様と言いたい。



    しかしながら世界は広い。
    優勝はディープを力でねじ伏せた3歳馬「レイルリンク」。
    二着に突っ込んできた、なんと6歳牝馬の「プライド」。

    ディープももちろん、もう一度。
    そして他の馬達もこれからもどんどん世界に挑戦してほしい。



    気になったのが、
    中継で解説をしていた岡部幸雄元ジョッキー。
    的確なコメント、熱い声援に惚れた。


    直線に向いて仕掛けどころに入ると、

    「まだ、まだ、まだ!」


    後続に交わされそうになってるディープに

    「大丈夫!大丈夫!」


    まるで自分がディープに跨っているかのような叫び。
    本気で勝ってほしかったんだろう。

    これには、こちらも胸が熱くなった。

    061002_1050~0001.jpg

    競馬がまた好きになった。
    ディープ、岡部さん、ありがとう。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年09月25日

    18

    尊敬しているひとりのプロ野球選手。
    桑田真澄投手、お疲れ様でした。


    引退ではないが、ジャイアンツを退団する。

    当たり前といえば当たり前ですが、
    もう野球が本当に好きで好きでたまらないそうです。

    何度となく怪我やアクシデントから復活し、
    現役であり続けたのがその証拠。


    本当にジャイアンツを退団するのかと、
    まだ半信半疑な感も自分の中にある。


    しかし、プロ野球だけでなくとも、
    これから先、いつかどこかのマウンドで投げるはず。
    自分は望んでいる。

    060925_1036~0001.jpg

    私の世代で、このエースナンバー「18」を見て連想するのは、
    クワタ以外にありえねって。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年09月03日

    初バスケ

    060903_1633~0001.jpg

    生まれて初めて、バスケットボールの試合を観戦。
    行ってきました埼玉スーパーアリーナ。


    今日は、212ヶ国の頂点が決まる日。


    '06バスケットボール世界選手権

    通称『世界バスケ』

    ファイナルラウンド 決勝戦
    「ギリシャ代表」対「スペイン代表」



    開催国の我が日本は残念ながら予選敗退。

    そしてバスケットと言えば、
    どんな大会でも毎回優勝候補に挙がるアメリカ。
    なにせ本場。バスケ最高峰NBAのある国。

    しかし
    準決勝でギリシャに敗れた。

    スター選手しか知らないど素人の私には、
    チョッピリ残念だったり。(笑)



    しかーし、本日の第一試合、リトアニア対ドイツの
    7位8位決定戦を初観戦してから、そんな先入観も吹き飛ばされた。



    バスケ面白か☆

    展開スピードの速さ。
    豪快で華麗なシュート。

    ガチガチにぶつかりながらの
    ポジションの取り合いの迫力つったら凄いのなんのって。


    もっと細かいルールやバスケ用語を知っていたら、
    もっと違った見方が出来たんだろなぁ。もっと予習すりゃ良かった。



    しかし優勝したスペイン代表は終始ギリシャ代表を圧倒。
    スリー決まりまくりで笑ってしまうほど強かった。

    060903_1819~0001.jpg

    会場を後にすると、
    ものすごくスラムダンクを読みたい衝動にかられた。
    いや絶対かられるって。
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年08月21日

    数え唄

    第88回全国高校野球選手権大会

    決勝

    「駒大苫小牧」対「早稲田実業」

    2日間の激闘に言葉はいらぬ。


    見れたならそれでいい。

    世紀の名勝負。

    名勝負数え唄。

    数え唄に新たな1曲。


    高校球児のみなさん
    感動をありがとう!ありがとう!ありがとう!

    060822_2344~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年07月31日

    クラウディ・ハーツ

    競馬発祥地イギリスの伝統GT

    第56回
    『キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス』


    って長っ!!

    そりゃみんな『キングジョージ』って呼ぶわ。


    日本から参戦した「ハーツクライ」。
    年末の有馬記念で「ディープインパクト」に勝った男。




    コーナーの手応えみると楽々で
    直線で先頭に立った時にゃ突き放すかと思ったら・・・。



    なんというか、
    先着した2頭はもはや馬じゃないかも。


    バケモノが2頭
    そんな走りっぷりだった。


    1着ハリケーンラン
    2着エレクトロキューショニスト
    そして3着ハーツクライ


    チックショー!!
    よく頑張ったが・・・悔しすぎる。

    世界は広いです。


    最高峰のGT『凱旋門賞』で
    ディープがどこまでやれるか。

    世界のバケモノ達を相手に。

    060801_2351~0001.jpg

    ハーツは秋のジャパンカップでリベンジを!
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年06月25日

    そして“今度こそ”海外へ・・・

    競馬、春のグランプリ

    「第47回 宝塚記念」(GT)

    本来、開催は阪神競馬場なのだが、
    今年は改修工事の為、京都競馬場が舞台。


    昔にもあった京都開催の時は、悲しいレースだったっけ。
    あぁ・・・ライスさん・・・。



    主役は当然、人気投票で圧倒的1番人気、
    馬券も圧倒的1番人気のお馬。


    「ディープインパクト」


    レースっぷりはまた成長しているように見えた。

    折り合いもバッチリ、いつも通り後ろから。
    大外をまくって直線突き放し圧勝。

    内心、今年海外でGTを勝ったコスモバルクも応援していたのだが、
    馬体重が減りすぎていたのが響いたかなあ・・・。





    春の天皇賞の後、もう十分強いの分かったから
    早く海外行って!(笑)
    って思っていたが、このレースが海外への壮行レースとなった。




    タイキシャトルやエルコンドルパサーなど
    日本代表として世界に挑んだお馬のなかでも期待した馬はいた。

    けどこんなに期待できるお馬は初めてかもしれない。



    とにかく無事に世界最高峰のレース「凱旋門賞」に挑んで欲しい。
    昨年のグランプリホース、「ハーツクライ」と共に。

    そしてサッカー日本代表の代わりに、
    世界のの猛者共に打ち勝ってほしい。

    060625_1637~0001.jpg
    posted by 今井孝祐 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop

    2006年06月21日

    打ちっ放す

    精神を集中して、呼吸を整えて構える。



    チャー…




    シュー…




    メーン!!!




    ポロッ…。


    060621_1431~0002.jpg


    人生で2度目のゴルフの打ちっ放し。


    ボールは地面に止まっているにも関わらず、
    上手く打てないのは何故か?



    写真にもしっかりと映っている。

    足元から左手2、3メートルの所に転がっているボール。
    これは全力でスイングした私が打ったボール。

    緑広がるゴルフコースで飛ばしたらもっと気持ちいいだろうなぁと、
    しょぼい打球を飛ばしながら憧れる。





    たまにいい打球が飛ぶと、これが快感

    そして終わった後に腕が筋肉痛になると、これが不快感
    posted by 今井孝祐 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動く者(運動・観戦) | ↑PageTop
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。